資本主義が嫌いな人のための経済学

個数:

資本主義が嫌いな人のための経済学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 403p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757122819
  • NDC分類 331
  • Cコード C0033

内容説明

資本主義に疑問をもつ人こそ、経済学を知るべきだ。身近な問題を通して説く、「経済学の考え方」入門。

目次

第1部 右派(保守、リバタリアン)の謬見(資本主義は自然―なぜ市場は実際には政府に依存しているか;インセンティブは重要だ―…そうでないとき以外は;摩擦のない平面の誤謬―なぜ競争が激しいほどよいとは限らないのか?;税は高すぎる―消費者としての政府という神話;すべてにおいて競争力がない―なぜ国際競争力は重要ではないのか;自己責任―右派はどのようにモラルハザードを誤解しているか)
第2部 左派(革新、リベラル)の誤信(公正価格という誤謬―価格操作の誘惑と、なぜその誘惑に抗うべきか;「サイコパス的」利潤追求―なぜ金儲けはそう悪くないことなのか;資本主義は消えゆく運命―なぜ「体制」は崩壊しなさそうなのか(しそうに見えるのに)
同一賃金―なぜあらゆる面で残念な仕事がなくてはいけないのか
富の共有―なぜ資本主義はごく少数の資本家しか生みださないか レベリング・ダウン―平等の誤った促進法)

著者等紹介

ヒース,ジョセフ[ヒース,ジョセフ][Heath,Joseph]
1967年カナダ生まれ。哲学者。トロント大学教授(哲学・公共政策・ガバナンス)。フランクフルト学派の流れを汲み、特にユルゲン・ハーバーマスの影響を受けている。革新的な専門書から一般読者向けの本まで幅広い著書がある

栗原百代[クリハラモモヨ]
1962年東京都生まれ。翻訳家。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。東京学芸大学教育学修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

経済学的な疑問について考えるときに起こる間違いを示し、正しく資本主義とつきあうための経済学入門。

世の中の不正や不公平に疑問を持つ人は誰でも、多少なりともアンチ資本主義だ。だが、左のリベラルから右のリバタリアンまで、資本主義を批判する人々は、ほとんどの場合誤っている。経済学的な疑問について考えるときに起こる間違いを示し、正しく資本主義とつきあうための経済学入門。

第1章 資本主義は自然――なぜ市場は実際には政府に依存しているか

第2章 インセンティブは重要だ……そうでないとき以外は

第3章 摩擦のない平面の誤謬――なぜ競争が激しいほどよいとは限らないのか?

第4章 税は高すぎる――消費者としての政府という神話

第5章 すべてにおいて競争力がない――なぜ国際競争力は重要ではないのか

第6章 自己責任――右派はどのようにモラルハザードを誤解しているか

第7章 公正価格という誤謬――価格操作の誘惑と、なぜその誘惑に抗うべきか

第8章 「サイコパス的」利潤追求――なぜ金儲けはそう悪くないことなのか

第9章 資本主義は消えゆく運命――なぜ「体制」は崩壊しなさそうなのか(しそうに見えるのに)

第10章 同一賃金――なぜあらゆる面で残念な仕事がなくてはいけないのか

第11章 富の共有――なぜ資本主義はごく少数の資本家しか生みださないか

第12章 レベリング・ダウン――平等の誤った促進法

【著者紹介】
ジョセフ・ヒース:1967年カナダ生まれ。哲学者。トロント大学准教授(哲学&公共政策・ガバナンス)。著書に『ルールに従う』『反逆者たちのネイション』(共著)などがあるが、初の邦訳。