• ポイントキャンペーン

日本の医療のなにが問題か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757122284
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C3033

内容説明

医師不足、医療事故、診療拒否…。日本の医療システムの危機がマスディアで声高に叫ばれている。しかし、実態はどうなのか。日本人にとって本当に必要な医療とはなにか。制度をどう評価するのか。複雑にからみあった現象を解きほぐし、あるべき姿を展望するために考えることは多い。本書は、その問題に挑んだある医療経済学者の記録である。

目次

第1章 日本の医療システム―医療における価格と競争
第2章 過剰診療はなぜ起こるか―医師にとっての診療報酬
第3章 なぜ入院期間は長いのか―患者にとっての医療の価格
第4章 競争は医療をよくするか―医療の過疎と過密
第5章 医者は儲かるのか―医師の収入とキャリア
第6章 保険料はどのように決まっているのか―日本の健康保険の問題点
第7章 誰が医療費を負担するのか―医療保険制度の評価と将来

著者等紹介

吉田あつし[ヨシダアツシ]
1958年生まれ。筑波大学システム情報工学研究科教授。京都大学経済学部卒業。大阪大学博士(経済学)。大阪府立大学助教授、教授を経て、2001年より現職。専門は医療や教育などの計量経済分析。国内外の学術誌に論文を多数掲載(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本の医療を経済学の視点から分析し、医療制度、保険制度などの問題点を、アメリカとイギリスの制度を比較しながら論じる。