全脳エミュレーションの時代―人工超知能EMが支配する世界の全貌〈上〉

個数:

全脳エミュレーションの時代―人工超知能EMが支配する世界の全貌〈上〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 3200/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757103733
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

テクノロジー進化の先にある未来とは?! 「全脳エミュレーション」とは、人間の脳を忠実にスキャンしてつくられる超知能体のこと。最も実現可能性が高いため、AI研究者の間でも注目のテーマだ。それはAIよりも早く、なんと100年後には実現すると著者は予測する。では、その全脳エミュレーションが普及した未来の地球は、いったいどのような様相を呈しているだろう? 本書では経済学、人工知能、脳科学、心理学、社会学、工学についてのアカデミックコンセンサスを広汎かつ精緻に踏まえ、それが普及した世界を、物理特性、経済、人間活動、社会生活という4つの側面から克明に描き出す。人類は超知能と共生することはできるのか? 気鋭の経済学者による驚くべき未来予想図。

ロビン・ハンソン[ロビンハンソン]
著・文・その他

小坂 恵理[コサカ エリ]
翻訳

井上 智洋[イノウエ トモヒロ]
解説

内容説明

AI進化の先にある未来とは?!「全脳エミュレーション(EM)」とは人間の脳を忠実にスキャンしてつくられる人工超知能のこと。人間を凌駕するかれらはいかなる世界を生み出すのか?

目次

第1部 基礎(はじまり;スタイル;フレーミング;前提;実行)
第2部 物理(スケール;インフラ;外見;情報;存在;別れ)
第3部 経済(労働;効率;仕事;ビジネス;成長;ライフサイクル)

著者等紹介

ハンソン,ロビン[ハンソン,ロビン] [Hanson,Robin]
ジョージメイソン大学経済学准教授。オックスフォード大学人類未来研究所研究員。シカゴ大学で物理学と哲学の修士号を取得後、ロッキードとNASAでの9年間人工知能研究に従事。カリフォルニア工科大学にて社会科学博士号取得。経済学、物理学、コンピュータ科学、哲学について60本の学術論文を発表、3000を超える論文に引用されている。ブログOvercomingBias.comは予測市場分野の先駆けとなった

小坂恵理[コサカエリ]
翻訳家。慶應義塾大学文学部英米文学学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

izw

10
「エムは、特定の人間の脳をスキャンしてから、脳細胞の特徴や結合をそっくり模倣して構築されるコンピュータモデルで、人間の脳細胞と同じ特徴や結合に基づいて信号処理を行う。」と定義される。エムが実現できるか、いつ実現するかについては諸説あるが、近未来に実現すると仮定して、エムがつくる社会について、物理的な構成、経済、組織、政治、社会、文化など、多方面から微細にわたり、社会的な構造、様態を分析している。過去の事実を調査する研究以上に、未来の想定を記述する研究・学問の方が役に立つという信念で記述された奇書である。2018/04/05

roughfractus02

8
心=脳と身体の対立という考えを哲学者が口を極めて批判しても紙上の言葉に留まるのは、魂の不滅と肉体の可死性なる心身二元論が、人工知能を代表とする諸技術に受け継がれ、生き延びているからだろう。一方この二元論の技術的実践に対して、では魂の不死性が実現したらどうなるか、と問うのが本書である。個人の脳細胞もシナプスもコンピュータにコピーされるAIが可能なら、この全脳エミュレーション(エム)されたマンマシン・システムが<生きる>世界は今とどう異なるのか? 著者の丹念な想像力は本巻で物理と経済についての予測を展開する。2018/07/20

GASHOW

6
脳の情報をスマホの機種変更するが如く同期できる生命体がはっせしたらどうなるだろう。我々人類は、ネアンデルタール人のように生き残れ無いかもしれない。2019/03/22

春風

4
SFにありがちな脳のアップロードが実現したら社会はどうなるか、淡々と、しかもやたらと詳細に予測した奇書。著者の情熱はいったいどこから来るのかが謎。2018/05/09

mocyuto

3
人工知能、いわゆる学習データからモデルを作ってそのモデルを適用することでアウトプットを出すという機械学習からでは強いAIはほど遠いが、人間の脳のモデルをそのままコピーすることで人間の脳をエミュレーションした物体(通称エム)ならもっと早く作れるという予想の話。 中盤以降は実際に人間の脳がエミュレーションできた場合に社会はどのように変わるのかということをいろいろな観点から説明している。 倫理的な問題が一番最初に来そうだが、それは下巻なのでもうちょっと読んでみる。2018/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12575596
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。