訴訟・コンプライアンスのためのサイバーセキュリティ戦略

個数:

訴訟・コンプライアンスのためのサイバーセキュリティ戦略

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757103566
  • NDC分類 336.17
  • Cコード C3034

出版社内容情報

訴訟・コンプライアンスのために、企業がすべきこと

国境を超えたビジネスが増え、データ・プロテクションとコンプライアンスの重要性が高まりつつあるいま、企業は自社の秘密情報を守るために、どのようなセキュリティ対策をとるべきか?
ビジネスの最前線で活躍する国際弁護士と情報セキュリティ専門家が、法律と情報技術の側面から、「予防段階」「戦略構築段階」「紛争・調査遂行段階」の3段階において必要な具体的対応策を解説する。

第1章 データ・プロテクションの重要性と戦略
第2章 企業における情報漏洩の現状と具体的対応策
第3章 サイバーセキュリティ対策の実装
第4章 討議 法律家と情報セキュリティ専門家はいかに協働できるか

【著者紹介】
1963年生まれ。弁護士。著書に『企業間紛争解決の鉄則20』(中央経済社)がある。

内容説明

法律家+サイバーセキュリティ専門家、初のコラボレーションによるサイバーセキュリティ対策の最前線。サイバーアタックや人の移動に伴う情報流出に、企業はどう対応するべきか?「予防段階」「戦略構築段階」「紛争・調査遂行段階」の3ステップに則り、“法律”と“サイバーセキュリティ”の側面から、企業の秘密情報とノウハウを守り抜く。企業経営者、法務・知財・人事・IT戦略担当者、必携の書。

目次

第1章 データ・プロテクションの重要性と戦略(データアタック、プロテクションの2つの側面;データ・プロテクションの3ステップ;紛争と調査の2Aspets;データ・プロテクション―コンプライアンスとしての重要性;サイバーセキュリティ専門事業者、調査会社、ベンダー―コラボレーションの重要性)
第2章 企業における情報漏洩の現状と具体的対応策―3ステップによるグローバル・コンプライアンスの実現(企業における情報漏洩の現状と紛争のグローバル化;ケーススタディ―退職者による情報漏洩;企業における具体的対応策―3ステップの実践)
第3章 サイバーセキュリティ対策の実装(予防段階;戦略構築段階;ケーススタディ)
第4章 討議 法律家とサイバーセキュリティ専門家はいかに協働できるか(予防段階;戦略構築段階;紛争・調査遂行段階)

著者等紹介

高取芳宏[タカトリヨシヒロ]
弁護士(日本および米国ニューヨーク州)。ハーバード大学ロースクール卒業。現在、オリック東京法律事務所・外国法共同事業・訴訟部代表パートナー。国際訴訟・仲裁事件を多く扱い、知的財産権、製造物責任、独禁法関連の紛争解決・FCPA・英国賄賂防止法対策を含むコンプライアンス事案などを手がける。国際仲裁人としても活躍

大河内智秀[オオコウチトモヒデ]
CISSP。東京電機大学客員准教授・国際化サイバーセキュリティ学特別コース運営事務局長。三井物産セキュアディレクション(株)経営企画部調査研究グループシニアプロデューサー。NTTコミュニケーションズ(株)を経て、2009年同社に入社。CSIRT構築支援、SOC構築支援などサイバーセキュリティに関するサービス開発に向けた調査・研究・コンサルティングに携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

14
#感想歌 セキュリティサーバ攻撃予防には模擬演習は必須だと思う 2017/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9745856
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。