基礎情報学―生命から社会へ

電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

基礎情報学―生命から社会へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 235,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757101203
  • NDC分類 007
  • Cコード C0030

内容説明

本書は情報学についての入門書でも概説書でもない。既存の情報科学や情報工学、メディア論、コミュニケーション論などとは異なる観点から、情報/メディア/コミュニケーションというものをラディカルにとらえ直すことが、本書のねらいである。

目次

第1章 基礎情報学とは何か(基礎情報学;生命情報/社会情報/機械情報 ほか)
第2章 情報の意味解釈(意味と価値;生命システム ほか)
第3章 情報の意味伝達(メディアのつくる擬制;近代社会とマスメディア ほか)
第4章 総括と展望―マスメディアとインターネット(生命/社会/機械の情報学;新たな社会システム)

著者等紹介

西垣通[ニシガキトオル]
1948年東京生まれ。1972年東京大学工学部計数工学科卒業。日立製作所、スタンフォード大学にてコンピュータ・システムの研究開発にたずさわったのち、明治大学教授を経て、現在、東京大学大学院情報学環教授。専攻は情報学・メディア論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。