Asuka business & language book<br> インフレでもあわてない!これからのお金の殖やし方

個数:

Asuka business & language book
インフレでもあわてない!これからのお金の殖やし方

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756915603
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C2033

出版社内容情報

「資産」というほどのものを持たない30代~40代のための、お金の守り方・攻め方(つくり方)を説く。

【著者紹介】
東京大学工学部卒、東京大学大学院学際情報学府卒。マッキンゼー・アンド・カンパニー、アドバンテッジパートナーズに勤務後、2010年6月に退社し、妻と2人で、株式会社S&S investmentsを立ち上げる。著書に、「20代で知っておきたいお金のこと」(中経出版)、「30代~50代のための海外投資「超」入門」(東洋経済新報社)がある

内容説明

2030年の憂鬱、そんな20年後を迎えないために。大波乱時代を生き抜くお金のスキルが手に入る。

目次

第1章 日本を待ち受ける未来(日本経済の未来はこれほど厳しい;超低迷時代でも増える税金と年金保険料;そしてインフレがやって来る)
第2章 インフレ時代の人生設計(まじめに働いても破産するリスク;インフレ時代に必要な投資)
第3章 インフレ時代のポートフォリオはこれだ(初心者でも実践可能な投資法;買うべき商品、使うべき証券会社)
第4章 サバイバル時代にステップアップするには(インフレ到来を予測する;サバイバル時代にもリッチになる方法)

著者等紹介

岡村聡[オカムラサトシ]
東京大学工学部卒、東京大学大学院学際情報学府卒。マッキンゼー・アンド・カンパニー、アドバンテッジパートナーズに勤務後、2010年6月に退社し、妻と2人で、株式会社S&S investmentsを立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うめにゃん

0
資産の100%が銀行と貯蓄型(だと思って入った)保険のみ(笑) 典型的な昔の人パターン(泣) 何とかしてインフレに対応できるようにシフトしなきゃなぁと、つくづく感じた。 最初の一歩を踏み出さなきゃ何も始まらないんだよね。2017/01/09

まさたん

0
固定費を徹底的に見直して30%以下に。購買力平価を利用してインフレが来る前に外貨資産を保有する、安倍政権がリフレを目指している現状では必要だと感じた。おすすめポートフォリオは先進国株式・新興国株式・先進国不動産という、海外株式と海外不動産で資産全体の過半を構成するという内容は私のような初心者にとってはハードル高過ぎです、どうやって実行すればいいのやらw年率5%勉強になります。アクティブ投信よりもインデックス投信がおすすめな理由にはそうだったのかと納得。ネット証券によっては自動積立があるんですねぇ。2013/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5129385

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。