Asuka business & language book<br> 外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 (改訂版)

個数:

Asuka business & language book
外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月16日 23時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756914996
  • NDC分類 338.954
  • Cコード C2033

出版社内容情報

FXというと『他の投資に比べて危険』というイメージになりがちだが、レバレッジのかけ方を注意すればコンスタントに稼げる。朝・夜の短い時間を使って、働きながら効率よく稼げるFXを、『普通のOL』だった著者が
実体験を交えて基礎から解説します

【著者紹介】
1973年大阪生まれ。京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科卒。サイエンスライターとして6年間東京勤務。その後大阪に戻り、失業中にFX取引開始。有限会社 ユビキタストレーディング代表取締役。FXに関する情報提供及びセミナー開催。

内容説明

比較的リスクの低い外貨預金や外貨MMFの代替として使う方法と、為替差益で大きなリターンを狙っていく方法。FXの2つの使い方をわかりやすく説明。

目次

序章 私とFXとの出会い(私が投資を考え始めたきっかけ;FXとの出会い ほか)
基礎編 FXって何なの?―What’s FX?(FXとは?;FXのしくみ ほか)
実践編 さあ、取引してみましょう!―Let’s trade FX!(まずはバーチャルトレードをしてみよう;Hop外貨預金として使う―レバレッジ=1倍 ほか)
番外編 投資を始める、その前に(取引会社選びは慎重に!;初心者向け―1000ドルから取引できる会社 ほか)

著者等紹介

山根亜希子[ヤマネアキコ]
1973年大阪生まれ。京都工芸繊維大学繊維学部高分子学科卒。東京で6年間新聞記者(サイエンスライター)をした後、大阪に戻り、失業中にFX取引を始める。現在、(有)ユビキタストレーディング代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さーふアザラシ

3
初心者向けに書かれている。売買単位が1000から、取引形体など手がつけやすい。元新聞記者で見やすく、わかりやすい。星42020/07/18

ここ

1
改訂前のを読んでから、今回の改訂版を読みました。まだまだ分からないけど、それでも少し分かるようになったのが嬉しい!投資法は身に付けると一生モノという言葉が印象に残っています。2014/04/15

しょうたろう

1
ハイレバという欲を捨てればコツコツ勝てるという見本2011/11/03

saicoro

0
前半はとても分かりやすかったが、後半は自分の勉強不足で少し難しかった。しっかり株とfxの用語を勉強してから再読したい。2015/03/29

sk031

0
飛ばし読みした。 まぁまぁ参考にはなる。2013/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4137843

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。