Asuka business & language book<br> あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方

Asuka business & language book
あなたがいなくても勝手に稼ぐチームの作り方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784756914279
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2036

出版社内容情報

リーダーが留守でも(どこにいても)、誰かが欠けてもスムーズに仕事ができるように。事務処理を減らし、より創造的な仕事に取り組めるように。忙しいプレイングマネージャーこそ今から身に着けておきたいマネジメント術。

内容説明

リーダーがどこにいても、チームの誰かが欠けてもスムーズに仕事がまわる。メンバー1人1人がプロとして仕事をするから成果を出せる。忙しいプレイングマネージャーこそ今から身に着けておきたいマネジメント術。

目次

1章 「あなたがいなくても勝手に稼ぐチーム」を作る
2章 変化に負けない仕組みを作る―チーム・マネジメント
3章 チームの生産性を高める―パフォーマンス・マネジメント
4章 メンバーのやる気を高める―モチベーション・マネジメント
5章 伝達効率を高める―コミュニケーション・マネジメント
6章 会議の生産性を高める―ミーティング・マネジメント
7章 次世代リーダーの―セルフ・マネジメント

著者等紹介

岡田充弘[オカダミツヒロ]
カナリア株式会社代表取締役。日本電信電話、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント、マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングを経て、カナリアの前身である甲南エレクトロニクスにマネージングディレクターとして参画。事業再編、ブランド構築、プロセス改革、ワークスタイル改革、オフィス改革など、短期間に多くの改革を断行し、創業以来最高の業績を達成。その後も2桁営業利益率を連続達成し、製造業屈指の高収益企業へと導く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mura_本気モード

33
正にいまの仕事に酷似している内容。目新しいものがないか、購入した次第。チームと個々の生産性を上げる『コツ』を列挙。あなた(リーダー)は、会社にいなくても回るチームをつくる。仕組みを作り、失敗から得たものを再仕組化へ。精度を上げていく。チームが動いている間に、リーダーは社外の交渉事に時間を使う。タスクの双方向管理は既に行っている内容。ITリテラシーは最低の条件。これでも日本は諸外国に比して、生産性が低いと言われている。2014/04/30

♡kana*

5
今、やりたいと思っていることが、たくさん書いてあった。2019/11/24

森田裕之

3
メンバーが自立し、チームが持続的に成長していくために必要なことを、「チーム・マネジメント」「パフォーマンス・マネジメント」「モチベーション・マネジメント」「コミュニケーション・マネジメント」「ミーティング・マネジメント」「セルフ・マネジメント」の切り口から解説。業務の仕組み化・マニュアル化・標準化、価値観や判断基準の共有、ITインフラ投資、アウトソースによる強みへの集中、会議の効率化など、一つひとつは目新しくはないが重要なことが列挙されている。これらを念頭にそれぞれの状況に合わせて工夫することが重要。2018/02/06

よねちゃん

1
標準化、自動化、代理対応のルール化、マルチロールシステム・・・などなど、まさにマネジメントですね。2011/02/02

そらむぎ

0
漠然とした気持ちで読み始めてしまったので、これといった物は読み取れなかった。しかし、当たり前を確実にしていくほか無い、と理解した。あんまり目的なく読み始めたのがあんまり良くなかったかなぁ。スケールできる感じにしましょう。2015/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2136149

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。