見ることの狂気―バロック美学と眼差しのアルケオロジー

見ることの狂気―バロック美学と眼差しのアルケオロジー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756695390
  • NDC分類 701.1
  • Cコード C0070

出版社内容情報

見ることに淫したバロック的感性が生む狂気に発展する欲望表現、官能/恐怖を快楽とするバロックの原風景を探る。

内容説明

愛と死 官能の恐怖、欲望し戦慄し焼尽する狂気の眼差しが、感性というタブーにバロックの原‐イメージを射る。

目次

プレリュード 「いわく言いがたきもの」
1 見ることの舞台
2 眼差しの働き
3 窃視あるいはアフンタスムの眼
4 修辞家の望遠鏡(1)―驚異狂熱
5 修辞家の望遠鏡(2)―無の形象
6 眼差しえぬもののパランプセスト
フィナーレ 見ることの火傷