ラファエッロとジュリオ・ロマーノ―「署名の間」から「プシュケの間」へ

個数:

ラファエッロとジュリオ・ロマーノ―「署名の間」から「プシュケの間」へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 270p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756608000
  • NDC分類 723.37
  • Cコード C0071

内容説明

ルネサンスの名画の中の名画『アテネの学堂』を見てから、そのままヴィッラ・ファルネジーナに回り、クピドとプシュケの愛の物語の連作壁画を見よう。すると次は、マントヴァのパラッツォ・テの同じ主題の愛の物語に誘われることであろう。さあ、これから美と愛のイメージの旅に。

目次

プロローゴ ラファエッロの誕生
第1章 ラファエッロとスタンツェ(「署名の間」;「ヘリオドロスの間」と「火災の間」;「コンスタンティヌスの間」)
第2章 ラファエッロとローマ(聖母子;肖像表現;ヴィッラ・ファルネジーナ)
第3章 ジュリオ・ロマーノとパラッツォ・テ(フェデリーコ・ゴンザーガとジュリオ・ロマーノ;「プシュケの間」;「巨人の間」)
エピローゴ ルネサンスからマニエリスムへ

著者等紹介

上村清雄[ウエムラキヨオ]
千葉大学文学部史学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nukunuku

0
ルネサンスやマニエリスムについてさほど知識を持ち合わせている訳ではありませんが、ラファエッロの絵にもジュリオ・ロマーノの絵にも、何度見ても引き込まれます。本書は二人がそれぞれ制作にたずさわった宮殿の装飾について、メージを中心とした解説が行われており興味が尽きません。また、ロマーノの「巨人の間」の天井画は、山尾悠子「遠近法」のめくるめく宇宙の原像でもあります。2009/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/108013
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。