たかがバロウズ本。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 447p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784756330161
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C0098

内容説明

ジャンキーでおかまで妻殺し。カットアップで文学史上に金字塔を打ち立て、アングラの帝王にして、画家、俳優、CMタレント…。どこまでも自由を追求したその先にあったものは?「真実などない。何もかも許されている」バロウズ研究の決定版。

目次

第1部 総論(はじめに;バロウズの二つのスタイル)
第2部 ウィリアム・バロウズの自由:その生涯と作品、そして既存評価について(ウィリアム・バロウズ:履歴書;バロウズの小説;他人の評価)
第3部 ウィリアム・バロウズの不自由:ことばと記憶と死をめぐって(バロウズ世界の経済・政治・社会;バロウズのモチーフたち;小説にしかできないこと)
第4部 ウィリアム・バロウズ:その未来と総括(バロウズの周辺領域;おわりに;最語ども)
補遺(バロウズ年表;バロウズ主要作品;日本での受容;バロウズ研究者のために)

著者等紹介

山形浩生[ヤマガタヒロオ]
1964年東京生まれ。東京大学工学系研究科都市工学科修士課程修了。マサチューセッツ工科大学大学院修了。現在、大手シンクタンク勤務。小説、経済、コンピュータなど広範な分野にて翻訳と執筆を手がける
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。