ソースコードの反逆―Linux開発の軌跡とオープンソース革命

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 416p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756141002
  • NDC分類 007.63
  • Cコード C3004

内容説明

オープンソース・ソフトウェアの開発はすべてが順風満帆だったわけでなく、いくつもの障害に立ち向かう必要があった。オープンソース革命の真実。

目次

最高にかっこいい年
新しいGNU
ちょっとした反逆
因数X
改良の積み重ね
たくさんの配布パッケージ
Linus2.0
UCBから学んだこと
コードの芸術
シリコンバレーの実情
mozilla.party
普及への足がかり
配布パッケージとIPO
オープンソースと商売の関係
KDE vs. GNOME
ベンチマークという嘘
明日の中心地
マーケットを越えて

著者等紹介

ムーディ,グリン[ムーディ,グリン][Moody,Glyn]
ロンドンに拠点をおくライターで、Linuxについては開発当初から書いている。「Wired」「Computer Weekly」「New Scientist」に有名な特集記事を書いている。また、「The Economist」「The Financial Times」にも執筆している

小山裕司[コヤマヒロシ]
1998年東京都立科学技術大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学。1998年から国際大学GLOCOM研究員。現在、国際大学GLOCOM講師、早稲田大学GITI客員研究員、(株)テンアートニCTOを兼務。1993年頃からLSWGほかの各種のGNU/Linux関連プロジェクトで活動
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。