まつろわぬ者たちの祭り―日本型祝賀資本主義批判

個数:

まつろわぬ者たちの祭り―日本型祝賀資本主義批判

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784755403033
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C0036

内容説明

地震、津波、原発事故の三重の打撃によって、政治的、社会的な未曾有の危機に陥った日本資本主義が、スポーツ・ナショナリズムの鞭を全力で振るって、なりふり構わず正面突破を図ろうとしている。いま、国民国家主義とグーバル資本主義を媒介する巨大スペクタクルに呑み込まれないために。

目次

序文に代えて 「東京へゆくな」二〇二〇
第1章 災厄のポリティクス(“反詩”の果て?―原発震災下で黒田喜夫を読み直す;“過ぎ去らない現在”から“はじまり”へ;符牒とタブーに抗して―アナクロニー・過誤・不可能な正義 ほか)
第2章 境界から歴史をみつめ返す(ナショナリズム、その“彼方”への隘路;フランスの原発政策と対抗運動の思想史粗描;国境を超える歴史認識を求めて ほか)
第3章 日本型祝賀資本主義批判―天皇代替わりとオリンピック・パラリンピック(イメージとフレーム;オリンピック・ファシズムを迎え撃つために―利権まみれの「聖火」を拒否する!;「メッセージ」以後―天皇(制)による新たな国民統合に抗して ほか)

著者等紹介

鵜飼哲[ウカイサトシ]
1955年生。一橋大学特任教授。フランス文学・思想専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。