天皇制と社会主義 (新版)

個数:

天皇制と社会主義 (新版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 404,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784755401183
  • NDC分類 309.021
  • Cコード C1036

内容説明

本書は、「天皇制とは何か」と問いかけ、この問題と格闘し、または格闘しえなかった代表的な社会主義者の姿勢を追求したものである。

目次

第1章 天皇制とは何か
第2章 高畠素之の挑戦―天皇主義の構成要素
第3章 コミンテルンと「レーニン主義」
第4章 山川思想の歴史的位置―デモクラシー批判から協同戦線党まで
第5章 共産党史上の荒畑寒村
第6章 共産主義運動の転換とその限界―福本和夫の思想
第7章 一九二六年の左翼政治運動―福本主義の形成
第8章 スターリン主義への転機―福本主義の批判
第9章 「プチ・帝国主義」論争―高橋亀吉と猪俣津南雄
終章 敗北の諸相―帰結としての大量転向

著者等紹介

伊藤晃[イトウアキラ]
1941年北海道に生まれる。1964年東京教育大学卒業。1971年千葉工業大学に勤務。専攻は日本社会主義運動史、労働運動史。現在、千葉工業大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。