たましいの深み―心理臨床の研究〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

たましいの深み―心理臨床の研究〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年05月26日 11時14分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 289p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784753302048
  • NDC分類 146
  • Cコード C3311

内容説明

本書の1部には、ユング、および彼の思想のうち、ことに東洋思想や仏教との関連、夢分析に関わる論文を収めた。2部では、伝説、神話、霊について心理学をもちいて、別の角度から論じた論文を収めた。3部では「たましい」に触れていくにあたって、無意識そのものを真正面から取り扱ったものから、その宗教的、図像学的接点としての曼茶羅、また縁起律など「群盲象を撫でる」ではないが、いろんな触れ方を試みた。4部では、「自殺」と「臨死体験」について考え、かつ語った。

目次

第1部 たましいの医者ユング(ユングと東洋思想;「意識」を超えて在るもの―フロイト・ユング・東洋思想 ほか)
第2部 たましいの言葉(神話・古くて新しい世界;伝説の心理学 ほか)
第3部たましいと無意識(無意識の世界―人間存在の根本に関わるものとして;深層心理学と曼荼羅 ほか)
第4部 たましいと死(自殺と心と魂;臨死体験の心理)

著者等紹介

山中康裕[ヤマナカヤスヒロ]
1941年名古屋市に生まれる。1966年名古屋市立大学医学部卒業。1971年名古屋市立大学大学院医学研究科卒業。名古屋市立大学医学部助手。1974年名古屋市立大学学内講師。1977年南山大学文学部助教授。1980年京都大学教育学部助教授。1992年京都大学教育学部教授。現在、京都大学大学院教育学研究科教授。医学博士、臨床心理士

岸本寛史[キシモトノリフミ]
1966年鳥取市に生れる。1991年京都大学医学部卒業。現在、内科医
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。