侵略者は誰か?―外来種・国境・排外主義

個数:

侵略者は誰か?―外来種・国境・排外主義

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年06月19日 05時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 308p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784753103515
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

内容説明

なぜ脅威は「外」から来ると考えるのか?外来種を侵略者と読み替える「国境」の論理―それが生み出す、人間と人外の動物への「排外主義」とは何か。本書は、「人新世」や「多元的存在論」など、人間と自然の関係を再検討する諸概念・研究を手がかりに、既存の外来種論の見直しを図る人文社会科学からの応答である。

目次

序章 種が侵略者となるとき
第1章 いと(わ)しい存在の管理を超えて
第2章 外来種生態学、あるいは、存在多元論の探究
第3章 客か厄か賊か―種に印づけられた倫理と植民地主義による「侵略的他者」の理解
第4章 ユダの豚―サンタクルス島の「野生化」豚殺し、生政治、ポスト商品物神
第5章 帰属の大活劇―多種世界における市民権の非登録化
第6章 よそ者を迎えて―繁殖の脅威論と侵略種
第7章 楽園と戦争―アルド・レオポルドと復元生態学におけるレトリックの起源
第8章 根無し草の根を育てる―ピーター・ケアリーの『異星の快楽』にみられる侵略種と不気味な生態系

出版社内容情報

なぜ脅威は外からやって来ると考えるのか。外来種を「侵略種」とみなし駆除対象とする論理を通じて、排外主義的な「国境」策定化を生み出す倫理とレトリックを検討し、国家による動物と人間の統治の実態を暴く領域横断的論集。 なぜ外来種を駆除しなければならないのか? 移民・外国人を排除・嫌悪するのはなぜか?脅威は「外」から来ると考えるのはどうしてか?

 外来種を侵略者と読み替える「国境」の論理――それが生み出す、人間と人外の動物への「排外主義」とは何か。

 「人新世」や「多元的存在論」など、人間と自然の関係を再検討する諸概念・研究を手がかりに、既存の外来種論の見直しを図る人文社会科学からの応答である。

種が侵略者となるとき

いと(わ)しい存在の管理を超えて

外来種生態学、あるいは、存在多元論の探究

客か厄か賊か ― 種に印づけられた倫理と植民地主義による「侵略的他者」の理解

ユダの豚 ― サンタクルス島の「野生化」豚殺し、生政治、ポスト商品物神

帰属の大活劇 ― 多種世界における市民権の非登録化

よそ者を迎えて ― 繁殖の脅威論と侵略種

楽園と戦争 ― アルド・レオポルドと復元生態学におけるレトリックの起源

根無し草の根を育てる ― ピーター・ケアリーの『異星の快楽』にみられる侵略種と不気味な生態系

原注

参考文献

訳者あとがき

ジェームズ・スタネスク[ジェームズ・スタネスク]
著・文・その他/編集

ケビン・カミングス[ケビン・カミングス]
著・文・その他/編集

井上 太一[イノウエ タイチ]
翻訳