教育実践とヴィゴツキー理論―授業展開とヴィゴツキー解釈の混迷に抗して

個数:

教育実践とヴィゴツキー理論―授業展開とヴィゴツキー解釈の混迷に抗して

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 238p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784752819479
  • NDC分類 375.82
  • Cコード C1037

内容説明

ヴィゴツキー理論に対応した授業展開と文学作品の教材分析における教授活動。『たぬきの糸車』『スーホの白い馬』『ごんぎつね』を話し合いの中で読みを深め、教授=学習過程や概念、発話と内言の発達を考察します。

目次

第1章 授業を分析する(授業を分析する視点;ことばや文章への子ども自身の受けとめを明らかにし、話し合いを通して読み深める授業;授業の分析をさらに考察する)
第2章 教育実践上の諸問題とヴィゴツキー理論(思考と言語;概念的思考の形成;概念的思考の発達の構造;発達と教授との相互関係;行動と意識)
第3章 ヴィゴツキー理論はどのように理解継承されているか(ヴィゴツキー理論への弾圧とその弟子による改ざん;欧米におけるヴィゴツキー理論の解説の特徴)

著者等紹介

麻実ゆう子[アサミユウコ]
奈良女子大学文学部卒業。小学校教師を経て、ロンドン大学(Institute of Education)にてPh.D.(博士号)取得。現在は、現職の先生方との研究会での研究、及び執筆活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。