100年たったら

個数:

100年たったら

  • 提携先に6冊在庫がございます。(2021年10月22日 13時48分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4変判/高さ 26cm
  • 商品コード 9784752008569
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

ずっと昔、草原にライオンがひとりっきりで住んでいました。ある日、飛べなくなった一羽の鳥が草原におりたち、一緒に過ごすようになりますが……。ライオンと鳥がたどる、はるかな時と巡る命を描いた、せつなく壮大な物語。

内容説明

あいたい―ライオンと鳥がたどる、せつなく壮大な物語。

著者等紹介

石井睦美[イシイムツミ]
1957年神奈川県生まれ。フェリス女学院大学卒業。『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞、新美南吉児童文学賞、『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞、『わたしちゃん』(小峰書店)でひろすけ童話賞を受賞。絵本の翻訳も手掛け、『ジャックのあたらしいヨット』(BL出版)が産経児童出版文化賞大賞を受賞

あべ弘士[アベヒロシ]
1948年北海道旭川市生まれ。1972年~1995年旭山動物園での飼育係を経て、絵本作家として活躍。自然や生き物への深い愛情あふれる作品を数多く発表する。『あらしのよるに』(木村裕一・文/講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞、『ゴリラにっき』(小学館)で小学館児童出版文化賞、「ハリネズミのプルプル」シリーズ(文溪堂)で赤い鳥さし絵賞、『新世界へ』(偕成社)でJBBY賞、『宮澤賢治「旭川。」より』(BL出版)で産経児童出版文化賞美術賞など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゃちゃ

123
あかあかと夕陽に染まる草原に、たった一頭のライオン。草原には動物の姿はなく百獣の王の孤独が静かに漂う。ある日出会った瀕死のヨナキウグイスは囁く「わたしをたべたらいいわ」。その日からライオンは鳥と一緒に暮らし始めた。けれど、月のきれいな夜に鳥は最期を迎える「わたし、もういくよ」。命は生と死を繰り返し、さまざまなものに姿を変え、出会い、別れる。「100年たったら」また大切な人に会えるかもしれない。そして、今まで出会った人は私にとって大切な人だったのかもしれない。生き物としての命の繋がりを優しく語る素敵な絵本だ2020/09/14

KAZOO

120
久しぶりに感動を与えてくれる絵本に出合いました。「100万回生きたねこ」を思い出しました。ライオンと小さな小鳥のその後の転生を素朴な絵ときれいな色合いで描いてくれています。日本の方の本とは思いませんでした。2019/02/24

ふう

93
広い草原で独りぼっちで生きているライオン。飾りの少ない文と大胆で力強い絵が、ライオンの孤独の深さを物語ります。壮大な夕日も星々が瞬く夜空も、ライオンには美しい風景ではなく寂しいだけの風景のよう。そんなライオンのもとに1羽の小鳥があらわれ、いっしょに暮らし始めました。「幸せ」とは書かれていませんが、ライオンがどれほど幸せだったか…。でも「100年たったらまたあえるよ」という言葉を残して小鳥は旅立っていきます。誰かを思う喜びと、その誰かを失った後の悲しみ。それでもなお誰かを思うことのすばらしさが胸を打ちます。2020/12/12

momogaga

63
【おとなこそ絵本】以前読んだときは、夢十夜 第一夜を思い浮かべました。今回は、運命の人を思い浮かべながら読みました。まさにエンドレス・ラブ。いつかはハッピーエンドで。2021/01/10

☆よいこ

61
孤独なライオンが出会ったのは一匹のヨナキウグイス。腹が減ることよりも、誰かがそばにいてくれること、話をしてくれることが心を満たしてくれる。生まれ変わりの世界。出会うために生きている。2019/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13241418

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。