ぼくのたからもの

個数:

ぼくのたからもの

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月26日 13時01分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 [32p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784752007203
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

ぼくの家にメジロが巣を作った。そっと見守ると、母鳥はおかあさんと同じように食べ物をあげたり、ヒナたちもぼくと同じように練習したりしている。鳥の巣も人のお腹の中も、同じように温かな、大切な場所であることを伝える。

鈴木まもる/作
小学校低学年から

内容説明

ぼくの家に、メジロが巣を作った。鳥の巣もまるいしかあさんのおなかもまるい。これからどうなっていくのかな?

著者等紹介

鈴木まもる[スズキマモル]
1952年東京に生まれる。東京藝術大学美術学部工芸科中退。画家・絵本作家・鳥の巣研究家。1995年「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞受賞。2006年『ぼくの鳥の巣絵日記』(偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞受賞。2015年『ニワシドリのひみつ』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞受賞。全国で「鳥の巣展覧会と原画展」を開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nakanaka

66
もうすぐ赤ちゃんが生まれお兄ちゃんになるじゅん君。家の庭にはメジロが巣作りをし卵が生まれます。人間の子育てとメジロの子育てが愛情たっぷりでさほど変わることではないことが描かれていきます。この絵本読み聞かせをして子育ての初心に立ち戻らねばと思いました。2017/10/21

anne@灯れ松明の火

25
南の南の市の新着棚で。生まれてくる赤ちゃんのことを「ポンポンちゃん」と呼んで、待ち望む家族。ほのぼの~♪ それとメジロの巣作り、卵をからめて、いい話に仕上がっている。メジロについての知識絵本的要素もある。2015/12/17

おはなし会 芽ぶっく 

18
小学1年生のジュンくんは、もうすぐお兄ちゃん。お母さんのおなかには赤ちゃん(ポンポンちゃん)がいるんです。ある日帰ってくると、いつもカーテンがしまっている窓の木のところにメジロが巣を作っていました。メジロの子育てとポンポンちゃん(ミミちゃん)の子育てが楽しめます。メジロのヒナたちはあっという間に巣立ってしまいましたが、残された巣はジュンくんの宝物になりました。2022/04/16

mntmt

18
小学一年生のジュンくんのたからもの。すごいな〜。こんな経験した子は、心が健やかに育つだろうな。2015/11/07

ヒラP@ehon.gohon

15
もうすぐ赤ちゃんが産まれてお兄ちゃんになるジュンくんの家の窓辺に、メジロが巣作りを始めました。 人間の赤ちゃんとメジロのひなたちの産まれるまでと、産まれてからの子育て始めが、同時進行で微笑ましく描かれています。 おっぱいをあげるお母さん、おむつを取りかえるお母さんの自然体を見ていると、とてもおおらかな気持ちになりました。 いろんなことを教えてくれて、妹の誕生も思い出させてくれるから、ひなたちが巣だって不要になった巣は、まちがいなく宝物ですね。2018/09/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9789820
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。