グッド・アンセスター―わたしたちは「よき祖先」になれるか

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

グッド・アンセスター―わたしたちは「よき祖先」になれるか

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年08月12日 00時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784751530702
  • NDC分類 301.6
  • Cコード C0012

出版社内容情報

オードリー・タン(台湾デジタル担当大臣)推薦!

未来の子孫にとって「よき祖先」となるために、私たちは今、どう行動すべきか?英国の気鋭の文化思想家が短期思考から長期思考への転換の必要性を説く。SDGs関連書。

目次

1 時をめぐる綱引き(私たちはいかにしてよき祖先となれるか;マシュマロとどんぐり―時間に引き裂かれた脳の中)
2 長期思考の6つの方法(ディープタイムの慎み―宇宙の歴史の中で瞬き程度の時間しか生きていない人類;レガシー・マインドセット―どうすれば良い記憶を残せるか;世代間の公正―第7世代を敬う理由;大聖堂思考―遠い未来への計画術;全体論的(ホリスティック)な予測―文明社会の長期的な道筋
超目標―人類を導く北極星)
3 時の反乱者たち(ディープ・デモクラシー―近視眼的な政治への対抗手段はあるか;エコロジー文明―投機的資本主義から再生型経済へ;文化進化―ストーリーテリング、デザイン、バーチャル・フューチャーの台頭;グッド・アンセスターへの道)

著者等紹介

クルツナリック,ローマン[クルツナリック,ローマン] [Krznaric,Roman]
1971年生まれ。イギリスの文化思想家。シドニーと香港で育ち、オックスフォード大学で政治社会学の博士号を取得後、ケンブリッジ大学とシティ大学ロンドンで社会学と政治学を教え、中央アメリカで人権活動に携わった。2008年、共同でロンドンに、「スクール・オブ・ライフ」を創設。以降、国連、オックスファムのアドバイザー。オブザーバー紙で「イギリスの傑出したライフスタイルの哲学者」と称された

松本紹圭[マツモトショウケイ]
1979年、北海道生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。現代仏教僧(Contemporary Buddhist)。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader。武蔵野大学客員准教授。2010年、ロータリー財団国際親善奨学生としてインド商科大学院(ISB)でMBA取得。2012年、住職向けのお寺経営塾「未来の住職塾」を開講し、以来9年間で700名以上の宗派や地域を超えた宗教者の卒業生を輩出(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よしたけ

55
よき祖先になるには今どう行動すればいいのか?鍵となるのが長期思考。企業決算(4半期毎開示)、政治(選挙しか見ない政治家)、消費行動(BuyNowボタン)など歴史稀に見る短期思考風潮。環境破壊を止めようと思っても当事者意識が薄い。だがこう考えたら? 過去5万年人口1千億人→現人口77億人→今後5万年人口先6兆7500億人=現人口の877倍 。それでも今がよければ全てよし?さまざまな示唆あるが、株式長期保有で配当減税、都市単位政治、未来住民思考(未来人なら現行動をどう思う?)など。価値観を考えさせられた一冊。2022/04/16

翔亀

43
【人新世15】たまには新しい本を、と久しぶりに人類の将来を見据える本。ダイヤモンドや斎藤幸平と同様に、成長ではなく地球温暖化や生態系の危機を重視する啓蒙書。書名は、今の私たちが、未来の人類にとって良き祖先になることが出来るようにという意味。未来とは最低でも100年のスパンをいう。そのスパンでの「短期的思考」から「長期的思考」へというメッセージで貫かれている。資本主義とか新自由主義とか民主主義とか社会主義とか環境主義とかといった、ときに政治抗争となる対立を超え、より幅広い立場で共感できるメッセージだろう。↓2021/12/07

はまななゆみ

5
「未来を植民地にしてはいけない」気候変動へのカーボンニュートラルの取組み等、今の時代を生きる自分らがどのように行動するか。改めて考えさせられました。2022/01/16

Masako3

1
★★★ イギリスの社会思想家の著作。現在の社会は地球の資源をその回復力を超過して消費しており、次世代以降の幸福を搾取しているとする。それを避けるために思想,指標,政治,経済,芸術等について、課題と現在の取り組みを紹介する。2022/05/22

あるちゅ

0
中盤、理想が入ってしまったけど、あとは大概リアルをおしえてくれる感じ。1つだけ、なんでそのデータ持ち出した?と気になることがあった。この分野進むといいな 他の本も読みたい2022/05/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18457115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。