さよなら、男社会

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

さよなら、男社会

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2022年01月20日 22時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750516769
  • NDC分類 367
  • Cコード C0095

内容説明

僕らはいい加減、都合のいい妄想から目を覚まさなければならない。圧倒的な非対称を生きる僕らは、どうしてその事実に気づけないのか。真に女性と、他者とつながるために、乗り越えねばならない「男性性」の正体とは何か。

目次

1章 どのようにあたかも自然と男は男になってきたのか(電車での出来事;男の絆、女たちの沈黙 ほか)
2章 恐怖と勇気が与え、奪い去ったもの(男は一家の大黒柱;勇気とは何か ほか)
3章 切断の恐怖と悲しみと痛み(父の抑圧;力をどのように育ててきたのか ほか)
4章 猥談とノリ(思春期男子の「エロ」;本能と妄想 ほか)
5章 男性性と女性性(「感じる」を軽んじる;被害者意識と「ジャッジ」 ほか)

著者等紹介

尹雄大[ユンウンデ]
1970年神戸市生まれ。インタビュアー&ライター。政財界人やアスリート、アーティストなど約1000人に取材し、その経験と様々な武術を稽古した体験をもとに身体論を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yutaro13

34
文章は平易なのに読みにくい。それは著者が脈絡なく話を展開していて論理的ではないから、と思ってしまうのは、要するに私が論理性を重んじる男社会に無意識に囚われているからなのか。著者いわく、まとまらない話は散漫ではなく「わかりやすい解釈を通じて話すことができない」ことを意味しているのだ。読書会での発言で顰蹙を買ってしまった男性のエピソードは人ごとではないかもしれない。男社会の中で女性は抑圧されてきたが、男性もまた自身の弱さを抑圧することを強いられてきた。まずは内なる他者である自身と対話することのススメ。2021/05/10

katoyann

24
著者が自分の半生を振り返りながら内省的に自らの男性性を問うというスタイルのエッセイになっている。力で他者を支配するような男性性から卒業し、また理性ではなく自分の感情を大切にしようという主旨は分かる。理性的であるべしという男性性が女性に対する抑圧になると同時に男性自身にとっても痛みに対する鈍感さや弱音を吐けないといった抑圧につながるだろうから。ただ、根拠が分かりにくい話も散見される。ナオミ・ウルフの文献をヒントに男性の性の貧困を説いたところは良かったので、何を根拠にしているか明示する書き方にすべきだと思う。2021/03/21

UNI/るるるるん

20
「男社会」というけれど私も特に若い時期の職場で「男社会」仕草を得ていたことに気づいて苦しみながら読んだ。勤め人である夫の話を聞いても、この本とつながる。また、性器の呼称についても、語りたくなることが多かった。男にさよならと言っているのではない。現状の自分が否定されるような社会にみんなでさよならしようと言っている。そう理解した。2021/02/13

cape

13
ところどころ面白く読みつつ、いまひとつのめりこんで読めなかったのは、自分が著者とちがう性を生きてきたからかな。男性がこれを読んで何を思うのか聞きたい。2021/02/17

大塚みなみ

12
見えない男社会の怖ろしさ。森喜朗氏の発言には悪気がなかったからこそ、問題の根が深い。本書で紹介されている読書会で発言が顰蹙を買った男性も、同じ種類の罠にハマっている。この社会の男性優位のあり方に意識が届いていない。いやはや。どこから手を付ければいいのやら。手っ取り早い処方箋を求めて本書を読み進めても、そんなものは用意されていない。自分で感じて、自分で背負わなくてはならない。けっして読みやすい文章ではないが、テーマがあまりにも切実だったので、最後まで一気に読んでしまった。2021/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16991429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。