本を読めなくなった人のための読書論

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

本を読めなくなった人のための読書論

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2022年01月17日 16時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 179p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784750516080
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0030

内容説明

本が読めなくなったのは、内なる自分からのサイン。だから、読めないときは、無理をして読まなくていい。読めない本にも意味があるから、積読でもいい。知識を増やすためではなく、人生を深いところで導き、励ます言葉と出会うためにする読書。その方法を、あなたと一緒に考える。

目次

はじめに 読書という不思議な出来事
第1章 待つ読書(読書は対話;読めないときは、読まなくてもよい;「正しい」読み方など存在しない ほか)
第2章 言葉と出会う(図書館へ行く;素朴な本に出会う;言葉とコトバ―もう一つの言葉を読む ほか)
第3章 本と出会う(素朴な言葉;「読む」という旅;言葉の肌感覚を取り戻す ほか)
おわりに 読めない本に出会う

著者等紹介

若松英輔[ワカマツエイスケ]
1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ教育研究院教授。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第33回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第16回角川財団学芸賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

136
若松さんの本の3冊目です。いままでは分厚い硬い本でしたがこれは一般の人向けに書かれた読書論です。あまり肩を張らずに自由に読めばいいのではないかということをいわれています。また積読でもいいとも言われています。無理をして読む必要はないと書かれています。私などは肝に銘じたいところなのですが貧乏性なのでしょうね。2020/01/30

ジンジャー(C17H26O4)

89
「本が読めなくなったのは、内なる自分からのサイン…読めない本にも意味があるから、積読でもいい」表紙袖の数行で泣きそうだった。そして実際ほぼずっと泣いていた。溢れる感情に戸惑ったしどうかしているとも思った。けれどわたしは分かっている。こんなにも泣いたのは、本や言葉との出会いや関係について書かれていることに自分の個人的な事柄を重ねるようにして読んだからだ。最近感じていたこと、考えていたことに符号することがあまりに多く、一文一文が心の奥まで沁みた。出会うべき時に出会い、読むべき時に読んだ本としか言いようがない。2021/04/23

trazom

70
若松さんは好きだけれど、30分足らずで読めるこの本はどうだろうか…。それでも、いつもながら、心に残る言葉に出会う。私が共感したのは二点。第一点は「ひとり」になることの大切さ。ネットワークばかりが強調される時代だからこそ、自分と向き合うひとりの時間が大切だと思う。若松さんは「読書は、ひとりであることと対話が同時に実現している」と言う。もう一点は「「読む」ことと「書く」ことはとても近い関係にある」との指摘。「読む人と書く人が同時に働くとき、読むだけの人の目には決して映ることのない新しい意味を感じ始める」と。2019/11/28

Tenouji

58
こちらも、著者の意向に反して一気読み。読書とは本との対話…「言葉」を通した「自分」との対話である。「自分」という、わからないものに対する不確実性をなくす一手段と考えるといいかも。読書だけでなく、旅なども、あらゆる事を、「対話」という視点で見てみると、自分の「対話」の傾向というものが、見えてきそうだな。2019/10/14

よっち

56
なぜ本が読めなくなるのか。そんな人たちに贈るNHK「100分de名著」常連の本読みの達人が案内する読書の方法。読めない時期にも意味があって、正しい読書ではなく自分が読み取れる「わたしの読書」を大切にする、経験となる読書を大切にする、ひとりの時間の快適さを実感する、量より質を追求する、全部読まなくて良い、といったとりあえず読めないことを焦らないことを前提に、自分なりの読書の方法を模索する大切さが説かれていました。今はまだ読めなくなってはいないですけど、もしそうなった時また読んでみたいと思うような一冊でした。2019/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14448045

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。