みんなで決めた「安心」のかたち―ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年

個数:

みんなで決めた「安心」のかたち―ポスト3.11の「地産地消」をさがした柏の一年

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750512303
  • NDC分類 611.46
  • Cコード C0030

目次

第1章 円卓会議の1年(震災以前―根づきはじめていた「信頼」;あの日から―暗闇で始まった模索 2011年3月~5月;重い空気―6~7月 ほか)
第2章 「あの日」から―それぞれの一年(市村日出夫さん(ストリート・ブレイカーズ代表)
亀岡浩美さん(ストリート・ブレイカーズ事務局)
小川幸夫さん(農家) ほか)
第3章 私たちが目指すもの(円卓会議の出発点;「My農家を作ろう」方式がもたらしたもの;「My農家を作ろう」プロジェクトと柏の農業の未来;柏発の社会運動論;郊外の消費社会と地産地消)

著者等紹介

五十嵐泰正[イガラシヤスマサ]
筑波大学大学院人文社会系准教授。専門は都市社会学・国際移動論。生まれてこのかた38年間暮らしてきた柏市で、音楽や手づくり市などのイベントを数多く行ってきた「ストリート・ブレイカーズ」に05年より参加、まちづくりに実践的に関わる。『エコノミスト』『POSSE』『現代思想』、ウェブサイト「シノドスジャーナル」などにも寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

福島第一原発から200kmも離れていながら「ホットスポット」になってしまった千葉県柏市。消費者―農家―流通―飲食の四者による、食の安心と安全を求めた「地産地消」ムーブメントを追い、これからの地域のあり方を提示する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件