ノンバイナリーがわかる本―heでもsheでもない、theyたちのこと

個数:

ノンバイナリーがわかる本―heでもsheでもない、theyたちのこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月30日 01時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 349p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750353272
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0036

内容説明

自分がLGBTQのどこに当てはまるのか、ずっと悩んでいたけれど。男女二元論にとらわれないジェンダー・アイデンティティ「ノンバイナリー」を知るための一冊。日本語版がついに登場!

目次

第1章 ノンバイナリーとジェンダークィアについての序説
第2章 ジェンダーと言語
第3章 グローバルかつ歴史的な視点
第4章 コミュニティ
第5章 社会の中で
第6章 メンタルヘルス
第7章 医療
第8章 法律
第9章 将来へ向けて
第10章 参考文献

著者等紹介

ヤング,エリス[ヤング,エリス] [Young,Eris]
クィアでノンバイナリーのトランスジェンダー。作家で編集者。アメリカ、カリフォルニア州サンタアナ出身。現在イギリスのエディンバラ在住。エディンバラの前衛的なブックショップ「Lighthouse」のライター・イン・レジデンスの作家。2018年のクィア・ワーズ・プロジェクト・スコットランドでは、カースティ・ローガンの指導を受けた。2019年の「List Hot 100」の「books」部門に選ばれ、2020年にはスコットランド・ブック・トラスト・ニューライター・フィクション部門で受賞。2016年から2020年まで、ファンタジー雑誌『AEther/Ichor』のマネージング・エディターを務めた

上田勢子[ウエダセイコ]
東京生まれ。慶應義塾大学文学部社会学科卒。1979年より米国カリフォルニア州在住。現在までに100冊以上の児童書と一般書の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネギっ子gen

40
【興趣尽きない書】男女二元論に囚われないジェンダー・アイデンティティ、ノンバイナリーについての、日本で刊行される初めての概説書。ノンバイナリーである著者の経験や調査を基に、関連用語、歴史、法律など幅広いトピックを、わかりやすく解説。第4章の「コミュニティ」。<家父長制とはジェンダーの二元論を使って、(シスジェンダー、白人、ストレートの)男性以外のすべての人を抑圧する制度なのです。ジェンダークィアとノンバイナリーの人々が実在していることは、ジェンダー二元論、つまり家父長制への挑戦でもあります>に賛成です。⇒2022/02/05

Momoko Nishikawa

4
世の中が二分法の世界だから、そう思って生きてきたが、考えてみると性差というのもあいまいだな。100%の男、女というのは、頭の中にしかいないのかもしれない。ノンバイナリーがいる社会の方が生きやすそうだ。2023/08/01

necoko19

4
★★★ 日本語訳が私に合わなくて、なかなか頭に入っていかなかった。ノンバイナリーの歴史が興味深かった。2023/02/05

瀬希瑞 世季子

4
ノンバイナリーやジェンダーフルイドといった性別二元論に収まらないアイデンティティを「若者の流行」と切り捨て当事者の要求をまともに取り扱おうとしない態度はクィアコミュニティの内部にもある。/移行に関係ない治療のときも、症状をジェンダークィアであるせいにされる「トランスの腕骨折症候群」/ノンバイナリー表象の白人集中。2022/12/31

まなまな

2
ノンバイナリーについての本はこれまで手に取ったことがなかったので読んでみた。トランスジェンダーのカテゴリに含まれることがあるが、バイナリーなトランスジェンダーとは異なった困難を抱えることがあると知ることができた。バイナリーなジェンダーの意識が強い国々では、そのどちらでもない性の人は帰属意識を覚えにくいのではないだろうか?著者が当事者というのもあり、当事者の声も知ることができた。2024/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19155631
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。