ハーレム・ルネサンス―“ニュー・ニグロ”の文化社会批評

個数:

ハーレム・ルネサンス―“ニュー・ニグロ”の文化社会批評

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月24日 05時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 610p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750352299
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C0022

目次

第1部 「ハーレム・ルネサンス」の見取り図(夢と現実のルネサンス―「新しい黒人」による文化・芸術・社会運動の再評価へ向けて;「ニュー・ニグロ」の連続性と流動性―ジョン・E.ブルースとヘンリエッタ・デイヴィスにみる世紀転換期アフリカ系アメリカ文化 ほか)
第2部 トランス・ナショナリズム/コスモポリタニズム(ブラック・モダニティ―両大戦間期パリの黒人運動とハーレム・ルネサンス;ハーレム・ルネサンスとカリビアン・モダニズムの交差―ネグリチュードを先駆けたマッケイと女たちの連帯を求めたリース ほか)
第3部 広がる表象芸術の地平(分離される(黒人)音楽―ハーレム・ルネサンス前史
ミドルブラウ・エンターテイメント・ジャズの発展―フレッチャー・ヘンダーソンとデューク・エリントンの一九二〇年代 ほか)
第4部 交錯する文芸の世界―小説・詩・民族誌的想像力(ハーレム・ルネサンスとネラ・ラーセン;ハーレム・ルネサンスの女性作家 ほか)

著者等紹介

松本昇[マツモトノボル]
国士舘大学名誉教授

深瀬有希子[フカセユキコ]
実践女子大学文学部教授

常山菜穂子[ツネヤマナホコ]
慶應義塾大学法学部教授

中垣恒太郎[ナカガキコウタロウ]
専修大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

19
ハーレム・ルネサンス:1920年代から1930年代初頭にかけて盛んになったアフリカ系アメリカ人による文化社会運動。非常に幅広い領域にわたる運動で、従来は個別の分野での研究が主だったが、本書は包括的な研究を試みたようだ。大西洋方向への拡大もあり、トランスナショナルな「〈ニュー・ニグロ〉のルネサンス」としての枠組みでも考察されている。◇個人的には1920年代のコットンクラブ時代のデューク・エリントンの音楽活動に焦点を当てた章が興味深い。昔、この当時の楽曲を好んでよく聴いていたので懐かしさを覚えた。2022/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18420335
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。