日本語を学ぶ子どもたちを育む「鈴鹿モデル」―多文化共生をめざす鈴鹿市+早稲田大学協働プロジェクト

個数:

日本語を学ぶ子どもたちを育む「鈴鹿モデル」―多文化共生をめざす鈴鹿市+早稲田大学協働プロジェクト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月19日 05時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 316p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784750351834
  • NDC分類 371.5
  • Cコード C0037

目次

第1部 「鈴鹿モデル」とは、何か(鈴鹿市は、どのような教育を目指しているのか;「鈴鹿モデル」の構築(2008~2013年) ほか)
第2部 「鈴鹿モデル」は、どのように構築されたのか―「JSLバンドスケール」「日本語教育コーディネーター」「プロジェクト会議」に関する10人の証言(学力をつけることは、人権教育で一番大事なこと―教育委員会の立場から1;日本語教育を、人権教育の一環として位置づけることが大切―教育委員会の立場から2 ほか)
第3部 鈴鹿の実践(進んで学習に取り組む児童の育成―国際教室の取り組み;「自分」への気づきの中で成長する子ども―イスラムの文化・習慣の中で生きる6年児童への支援 ほか)
第4部 ことばの力と学力(「JSLバンドスケール」の考え方と実践;「JSLバンドスケール」の見立てと「学力調査」の結果 ほか)

著者等紹介

川上郁雄[カワカミイクオ]
早稲田大学大学院日本語教育研究科教授。オーストラリア・クイーンズランド州教育省・日本語教育アドバイザー(国際交流基金派遣日本語教育専門家)、宮城教育大学教授等を経て、2002年より現職。博士(文学、大阪大学)。専門は、日本語教育、文化人類学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。