「3密」から「3疎」への社会戦略―ネットワーク分析で迫るリモートシフト

個数:

「3密」から「3疎」への社会戦略―ネットワーク分析で迫るリモートシフト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月21日 11時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750350998
  • NDC分類 361.3
  • Cコード C0036

内容説明

日本再興のカギは「中心のない社会的空間モデル」の実践だ。社会学、経営学、ネットワーク科学、経済地理学まで駆使して分析を行う社会科学者が、パンデミックに動じない新時代の働き方と生き方を提示。豊富な図解と学問的な根拠を示しつつ、「3つの疎」の優位性を説く。

目次

序章 コロナ禍でわれわれの生活はどうなったか
第1章 ソーシャル・ネットワーク論を導入する
第2章 管理中枢からの社会的距離戦略―いかに自由に、自立して働くか
第3章 中央=東京からの社会的距離戦略―移住と地方への分散戦略
第4章 人からの社会的距離戦略―イノベーションのネットワークをどうつくるか
終章 「3密」から「3疎」への社会戦略はデジタル環境マルクス主義に通じる

著者等紹介

金光淳[カナミツジュン]
京都産業大学現代社会学部教授。岡山県生まれ。シカゴ大学大学院修士課程修了(M.A.)、ピッツバーグ大学大学院博士課程修了。専門はネットワーク科学、社会ネットワーク論、組織論、経営社会学、経済社会学、数理社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。