子どもの貧困調査―子どもの生活に関する実態調査から見えてきたもの

個数:
  • ポイントキャンペーン

子どもの貧困調査―子どもの生活に関する実態調査から見えてきたもの

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月22日 04時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 279p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784750349473
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0036

内容説明

「データが示す子どもたちの実態は切実であった」本著の目的は、単なる貧困の実態を表すのではなく、調査の意義や方法といった設計部分から地方自治体と研究者の協働、さらには施策の策定・実施・改善まで、データに基づく議論の展開を提示することにある。つまり、調査が実態と施策の架け橋となることを期待している。

目次

第1部 貧困概念と貧困調査(子どもの生活実態調査の意義;貧困概念とはく奪指標;3つのキャピタルの関連)
第2部 貧困の諸相―生活上のニーズに着目して(所得格差と貧困;生活と貧困;健康・つながりと貧困;就学前の子どもと貧困)
政策提言

著者等紹介

山野則子[ヤマノノリコ]
大阪府立大学人間社会システム科学研究科/地域保健学域教育福祉学類教授、スクールソーシャルワーク評価支援研究所所長。博士(人間福祉)。日本子ども家庭福祉学会副会長、日本社会福祉学会理事、厚生労働省社会保障審議会児童部会委員、内閣府子どもの貧困対策検討会議構成員(2014年)、子供の貧困対策に関する有識者会議構成員(2015年~)、文部科学省第9期中央教育審議会本委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

23
子どもの貧困と「子ども」を強調して貧困がとらえられたことはとても大切なことである。子ども期をどのように保障していくのか社会には鋭く問われている。本著は、著者たちがかかわった大阪での調査をもとに、経済的な実態や剥奪指数などを使いながら、実態をみたものである。また、最後には簡単な政策提言もされていた。2020/03/19

バリバリブーン

0
子供の貧困と生活環境の関連について、データ分析して分類したものを詳細に紹介している。結果をざっくりとまとめると親の経済状況と子供の貧困は緩やかに関連しているというもので、特に意外な結果は示されていない。巻末の政策提言もまた然りで保障に関するものが主。もう少し違った視点からのアプローチを期待しただけにちょっと残念。いっそAI分析したらどうかと思った。時間をかけて読んだ割に得られるものは少ない印象でした。2020/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15012280

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。