ソウルの起源 京城の誕生―1910~1945植民地統治下の都市計画

個数:
  • ポイントキャンペーン

ソウルの起源 京城の誕生―1910~1945植民地統治下の都市計画

  • 提携先に12冊在庫がございます。(2020年05月26日 12時58分現在)
    通常、10日程度で出荷されます。
    ※出荷が遅れたり、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、10日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 353p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750349190
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0022

目次

1章 帝国の文明、都城を解体する
2章 宗廟貫通線、伝統/近代/植民の交差路
3章 都市計画をめぐる対立と「政治」
4章 「大京城」マスタープランの形成
5章 戦争がもたらした都市計画、戦争に阻まれる
6章 都市のユートピア、「郊外」の誕生とその死
7章 都市計画の二つの顔、貧民の救済と排除
8章 「京城」から「京仁」へ

著者等紹介

廉馥圭[ヨムボッキュ]
1971年ソウル生まれ。ソウル大学国史学科卒業。同大学院修士・博士課程修了。国史編纂委員会編史研究士を経て、現在、ソウル市立大学国史学科副教授。2015年から2017年まで都市史学会編輯委員長として活動し、現在は季刊『歴史批評』編輯委員を務める。ソウルの都市史と植民地期近代史に関する論文・共著を数多く執筆し、韓国近現代の都市変化および地域社会の動向に関する研究を続けている

橋本妹里[ハシモトセリ]
1977年生まれ。京都府立大学・同大学院修士課程修了。成均館大学大学院東アジア学科修士・博士課程修了。現在、京都府立大学共同研究員。専攻は朝鮮近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。