シリーズ・学力格差<br> 世界のしんどい学校―東アジアとヨーロッパにみる学力格差是正の取り組み

個数:

シリーズ・学力格差
世界のしんどい学校―東アジアとヨーロッパにみる学力格差是正の取り組み

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年11月21日 12時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 325p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750348803
  • NDC分類 372.2
  • Cコード C0337

内容説明

各国で格差縮小に取り組む教師の実践と政策を探る。シンガポール、韓国、香港、イングランド、フランス、ドイツ、オランダの現地調査で明らかになったこと。

目次

東アジアの優等国と欧州の大国の学力格差是正
第1部 各国の教育事情と学力是正策(シンガポール―落ちこぼれをつくらない都市国家の教育戦略;韓国―政府と自治体はテストの点数向上を目指さない;香港―潤沢な教育費を投入し、移民の言語能力向上に資する教育政策;イングランド―格差是正は至上命題!現場に次々とムチうつ保守政権;フランス―エリート教育からの転換、大衆化する学校教育に挑む;ドイツ;個々への支援を目指す、連邦と州による教育政策;オランダ―社会文化的多様性への学校教育の終わりなき挑戦)
第2部 各国のしんどい小学校はどのようにガンバっているのか?(シンガポール―世界トップレベルの学力を誇るシンガポールのしんどい学校;韓国―革新学校づくりと学力保障のジレンマ;香港―学校に関わる全ての人的リソースをパワーに;イングランド―プレッシャーにつぶされない教職員と子どもたち;フランス―基礎学力と「コンヴィヴィアリティ」の育成をめざして;ドイツ―健康な教員が担うインクルーシブな教育実践;オランダ―ロッテルダムの未来を担う子どもたち)
世界を通してみるがんばる教師たち

著者等紹介

志水宏吉[シミズコウキチ]
所属:大阪教育大学講師、東京大学助教授などを経て、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門:教育社会学・学校臨床学

ハヤシザキカズヒコ[ハヤシザキカズヒコ]
所属:福岡教育大学准教授。専門:教育社会学、人権教育

園山大祐[ソノヤマダイスケ]
所属:大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門:比較教育社会学、移民教育研究

シム,チュン・キャット[シム,チュンキャット] [Sim,Choon Kiat]
所属:昭和女子大学人間社会学部准教授。専門:比較教育社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。