発達障害 ヘンな子と言われつづけて―いじめられてきた私のサバイバルな日々

個数:

発達障害 ヘンな子と言われつづけて―いじめられてきた私のサバイバルな日々

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月28日 12時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750337029
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0036

内容説明

幼稚園時代から周囲に溶け込めず、ずっといじめられてきた。社会人になってからも失敗ばかりで、自分はダメ人間なのかと思い悩み、孤独で、うつにもなった。だが、成人してから発達障害の診断を受け、それまでの生きづらさの理由を突きとめる。手探りで当事者組織を立ち上げ、その活動に希望を見出した著者が、発達障害のある人の苦しさや悩みを伝え、理解を深めたいと、これまでのいじめられ体験をつづった。

目次

第1章 「ドジ」で「ノロマ」な「カメ」(「普通の子」とは遠く離れて―早くも自尊心が傷つけられた幼少期;いじめ地獄の真ん中で―ひとりぼっちの小学校時代;「天然」、それとも「ヘンな子」?―「普通」になれない中学生時代;私は私のままでいい―「個性」を知った高校生時代;みんなでいると、できない―ビジネス専門学校へ通う)
第2章 私は「隠れひきこもり」(「なにもとりえがない子」といわれて―受難の日々、ウエイトレス時代;限界へのカウントダウン―OLという新しい仕事;「異常者」のレッテルははがせない―うつ病との闘い)
第3章 変化する私、進化する私(ひとりでも幸せになれる!―歯科技工士を目指して;初めてわかった自分の頭のなか―診断を受けて変わり始めた世界;私はダメ人間じゃない―特性と仕事とのつきあい方;輝いて生きる私だけの道―結婚、そしてこれから)

著者等紹介

高橋今日子[タカハシキョウコ]
1975年生まれ。専門学校卒業後、ウエイトレス、事務職、歯科技工士の仕事を転々とする。25歳のときに発達障害の診断を受ける。2010年に成人発達障害と歩む会「シャイニング」を立ち上げる。現在は「シャイニング」で、講演会や交流会を通じて発達障害の理解を広める活動に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。