精神鑑定とは何か―責任能力論を超えて

個数:

精神鑑定とは何か―責任能力論を超えて

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750332925
  • NDC分類 498.99
  • Cコード C0036

内容説明

「責任能力あり・なし」の議論を超えて、社会が“罪”と向き合うための公正なまなざしの意味を、鑑定経験豊かな精神科医がやさしく説く。

目次

序章 精神鑑定医の必要条件
第1章 起訴前鑑定
第2章 公判鑑定と私的鑑定
第3章 訴訟能力
第4章 責任能力の鑑定
第5章 情状鑑定
第6章 受刑能力と医療観察法
第7章 少年事件の精神鑑定
第8章 自閉症スペクトラム障害の精神鑑定

著者等紹介

高岡健[タカオカケン]
精神科医。1953年、徳島県生まれ。岐阜大学医学部卒。岐阜赤十字病院精神科部長などを経て、阜岐大学医学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トモ。

7
精神鑑定って時々聞くけど、結局どんなことをやっているのか気になって借りました。日本では責任能力だけについて注目される傾向がありますが(精神衰弱で責任能力がないので無罪、みたいな)それ以外の方がいろいろと大切なのだなぁ、という大雑把な感想です、すみません。精神科医が精神鑑定を請け負っているそうですが、著者さんみたいにしっかりと精神鑑定のポイントを踏まえて実施している人ってどれだけいるのやら?と疑問に思うところもあり。実施している人には読んでほしい一冊です…ってそんな知り合いいませんけども。2016/02/17

チェリ

4
刑法と刑事訴訟法による「心神喪失」の定義の違いや、措置入院と医療観察法の関係、自閉症スペクトラム障害がどうとらえられているかなど、興味をもって一気に読みました。単なる解説書ではなく「新たに救急入院(仮称)を」など著者の視点や考えが盛り込まれているからでしょう。読みやすいので、精神鑑定に関心ある方ならどなたにもお勧めできると思います。2012/05/29

えび

0
医観法や精神鑑定について、Dr視点から知れた。難しいけど。責任能力以外にも色々な鑑定の視点がある。2017/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1093247

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。