世界歴史叢書
バングラデシュの歴史―二千年の歩みと明日への模索

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 577p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750330402
  • NDC分類 225.76
  • Cコード C0322

目次

第1部 古代ベンガルから東パキスタンまで(ベンガルの風土と歴史;イスラム諸王朝とムガール帝国(一三~一八世紀)
イギリス植民地時代(一七~二〇世紀)
インド・パキスタン分割までの軌跡(一九一四~四七年)
東パキスタン時代(一九四七~七一年))
第2部 バングラデシュ現代史(ムジブル・ラーマン政権の実績と問題点(一九七一~七五年)
ジアウル・ラーマン政権の成果と課題(一九七六~八一年)
エルシャド政権の成果と問題点(一九八二~九〇年)
第一次BNP政権の実績と課題(一九九一~九六年)
アワミ連盟政権の実績と問題点(一九九六~二〇〇一年)第一次BNP政権の成果と問題(二〇〇一~〇六年)
バングラデシュ民主政治の改革と新たなスタート(二〇〇六年~))

著者等紹介

堀口松城[ホリグチマツシロ]
1943年、千葉県生まれ。東京大学教養学部卒業後外務省に入省。エール大学大学院修了(M.A.)後、韓国大使館、中国大使館、OECD代表部勤務などを経て、外務省海洋法本部海洋課長、法務省入国管理局入国審査課長。その後、ミャンマー大使館公使、国連代表部公使、エジンバラ総領事を歴任し、1988年から2000年まで駐レバノン特命全権大使、2003年から2006年まで駐バングラデシュ特命全権大使。2007年より国立大学法人東京学芸大学監事。早稲田大学大学院客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。