発達障害は少年事件を引き起こさない―「関係の貧困」と「個人責任化」のゆくえ

個数:

発達障害は少年事件を引き起こさない―「関係の貧困」と「個人責任化」のゆくえ

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月23日 04時57分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784750329659
  • NDC分類 368.7
  • Cコード C0036

出版社内容情報

2000年代に頻発した少年による“不可解な凶悪事件”の数々。事件の背景を精緻に解明することなく、問題は個人の責任に帰され、少年法の厳罰化へと向かっていった。事件の背後にある「関係の貧困」の本質と「個人責任化」の正体をあぶりだす刺激的な論考。

 まえがき

序章 二〇世紀の少年事件と二一世紀の少年事件
 永山則夫事件(1)
 永山則夫事件(2)
 『無知の涙』
 サレジオ高校事件(1)
 サレジオ高校事件(2)
 二一世紀へ至る軌跡(1)
 二一世紀へ至る軌跡(2)
 関係の貧困

第一部 両親殺害の構造

第一章 板橋事件――父親殺害の帰趨
 板橋事件と「改正」少年法
 一審判決(1)
 一審判決(2)
 板橋事件の背景
 父親殺害はなぜ起こったか(1)
 父親殺害はなぜ起こったか(2)
 母親殺害はなぜ起こったか(1)
 母親殺害はなぜ起こったか(2)
 なぜ激発物破裂を起こしたか
 なぜ草津温泉へ向かったのか
 二審判決
 父親殺害の彼岸

第二章 大阪姉妹刺殺事件――母親殺害の反復
 二つの殺人事件
 Yの両親(1)
 Yの両親(2)
 小学校時代
 中学校時代
 母親を代理する女性
 母親殺害
 母親殺害はなぜ起こったか
 姉妹殺害へ
 母親殺しの反復としての姉妹殺害(1)
 母親殺しの反復としての姉妹殺害(2)

第三章 父親殺害と母親殺害の構造――少年が大人になる時
 再び父親殺害について
 犀星の『幼年時代』(1)
 犀星の『幼年時代』(2)
 ライウス・コンプレックス
 『歩いても歩いても』の父親
 再び母親殺害について
 『灰色猫のフィルム』(1)
 『灰色猫のフィルム』(2)
 反復の構造(1)
 反復の構造(2)
 エレクトラ・コンプレックス
 父親殺害と母親殺害の水準

第二部 発達障害は少年事件を引き起こさない

第四章 寝屋川市教職員殺傷事件――居場所の剥奪
 犯罪と広汎性発達障害(1)
 犯罪と広汎性発達障害(2)
 出身小学校への襲撃
 家裁から地裁へ
 地裁から高裁へ
 高裁判決(1)
 高裁判決(2)
 「妄想」とバレンタインデー
 事件が教えるもの

第五章 伊豆の国市タリウム事件――関係の貧困
 タリウムを母親に摂取させる
 精神鑑定から家裁審判へ
 家裁決定
 『毒殺日記』(1)
 『毒殺日記』(2)
 C子のブログ(1)
 C子のブログ(2)
 C子のブログ(3)
 「発達上の問題」と「後天的人格のゆがみ」

第六章 奈良医師宅放火事件――父親支配の呪縛
 放火による継母殺害
 少年の生育史
 再び放火事件について
 父親の手記
 奈良家裁の決定(1)
 奈良家裁の決定(2)
 父親の第二の手記(1)
 父親の第二の手記(2)
 調書漏示事件

第七章 会津若松事件と八戸事件――子棄ての構造
 会津若松事件
 会津若松事件の背景
 Eの父親
 家裁会津若松支部の決定(1)
 家裁会津若松支部の決定(2)
 八戸事件
 どう考えるべきか
 青森家裁の決定
 会津若松事件と八戸事件の比較

終章 少年事件の原点
 両親殺害の外面と内面
 少年事件の内包構造(1)
 少年事件の内包構造(2)
 少年事件の原点(1)
 少年事件の原点(2)
 秋葉原事件(1)
 秋葉原事件(2)
 秋葉原事件(3)
 少年事件の行方

 あとがき

 あとがき

 さまざまな期待と批判をないまぜにして、裁判員制度が開始されようとしている。少年事件も、この制度の例外ではない。
 それどころか、検察官送致が行なわれ、成人と同じ裁判所に立たされた少年は、自らの内面を詳細に、裁判官ばかりか裁判員に対しても伝えるよう、強いられることになる。家庭裁判所が掲げる「懇切を旨としてなごやかに」(少年法)という建前――この建前すら、たびかさなる少年法「改正」により、危うくなっている――が、成人の裁判所では通用しないからだ。
 ましてや、事件直後の少年は、自らの内面を語りうる言葉を、ほとんどの場合、持ちえていない。だからこそ、視えない何かに対しての復讐や絶望を、事件という形で現したのだから――。
 そのとき、裁判員たちは、はたして自らの注意を、少年の内面へと向けることが出来るだろうか。それとも、ただ〈社会一般人〉を装った復讐と、〈社会一般人〉ゆえの無関心に基づく絶望を、投げかけるだけに終わるのだろうか。このこと一つとっても、少年事件に闇があるとするなら、それは心を閉ざした〈社会一般人〉という仮構の中にこそある、というしかない。
 少年は時代の矛盾を背負うがゆえに、つねに時代の先端を体現する存在だ。だから、少年に対する「まなざし」は、そのまなざしの持ち主が、時代の先端をとらえようとしているか否かによって、規定される。
 時代に背を向けるなら、少年へのまなざしは曇るし、時代に正面から立ち向かうなら、少年へのまなざしは真剣さを帯びることになるだろう。それは、温かい心といった綺麗事とは、根底的に異なる現実だ。
 少年も大人も、現在という時代の中で苦しんでいる。そこに倫理が生まれるとすれば、それは本書の最後で私たちが確認した、少年事件に対する内面の抑止力と外面の抑止力をおいて、ほかにはありえないのである。

(…後略…)

内容説明

視えざる何かへ復讐をする少年。厳罰化と加害者バッシングをもって復讐する“社会一般人”。絶望を抱いた加害少年に対する“社会一般人”からの絶対的な絶望―復讐と絶望の連鎖を断ち切ることはできるのか。少年事件の構造と普遍性を明らかにし、その「原点」に迫る。

目次

二〇世紀の少年事件と二一世紀の少年事件
第1部 両親殺害の構造(板橋事件―父親殺害の帰趨;大阪姉妹刺殺事件―母親殺害の反復;父親殺害と母親殺害の構造―少年が大人になる時)
第2部 発達障害は少年事件を引き起こさない(寝屋川市教職員殺傷事件―居場所の剥奪;伊豆の国市タリウム事件―関係の貧困;奈良医師宅放火事件―父親支配の呪縛;会津若松事件と八戸事件―子棄ての構造)
少年事件の原点

著者等紹介

高岡健[タカオカケン]
精神科医。1953年、徳島県生まれ。岐阜大学医学部卒。岐阜赤十字病院精神科部長などを経て、岐阜大学医学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

24
価値観の違いでしょうか、事件の捉え方や解釈の仕方、批判する点など所々私とは考えが異なっていて違和感を感じつつも、タイトルにあるように発達障害が少年事件を引き起こすのではないということには賛成です。犯人が精神障害、および発達障害者だというレッテルを貼ることによって、あぁ自分や自分の周辺には関係のないことだと思い安心してしまうのだろう。そんな歪んだ捉え方から障害に対する偏見とは生まれるのではないだろうか。確かに障害とは切っても切り離せないことであるが、それ以前に家族や周囲との関係性の希薄に注目するべきであろう2014/06/24

ヘンリー

3
正しくは「発達障害だけでは少年事件は起こらない」でしょう。高岡センセイは基本的にサヨクなので、いつもながら文章が観念的。ところどころいいことも言ってるのに。2010/02/18

にしくん(だっさん)

3
裁判官ってもっと精神疾患に詳しいと思ってたよ。間違いだったね。2009/10/16

ヌーン

2
以前に起こった少年事件を一つ一つ書いていて、あーそんな事件があったよねー的に楽しめた(不謹慎か)のですが、その背後にあったことを知ると、犯罪が起こったのもっともだなぁと思いました。そりゃ発達障害関係ないよな。っつーか発達障害とか病名付いたら親はほっとするのかな?あの子は病気だったんだからって。それって逃げじゃないの?感想がとりとめがないのは読み終わって時間がたってるからです2010/05/16

TOMTOM

1
発達障害ではなく、関係性の貧困とくに「父殺し」の理論から考察する取り組み。2022/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/434345
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。