みんぱく実践人類学シリーズ<br> 北アメリカ先住民の社会経済開発

個数:

みんぱく実践人類学シリーズ
北アメリカ先住民の社会経済開発

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750328829
  • NDC分類 389.53
  • Cコード C0339

目次

第1章 総論:北アメリカ先住民の社会経済開発
第2章 新しいバッファローを求めて―ラコタ・スー族の経済開発
第3章 ナヴァホ・ネイションの近代化と経済開発―アメリカ合衆国における「第三世界」の諸相
第4章 協働作品としての『ホピ・ズニ作家展』―北米先住民の知的財産保護に向けた日本での実践
第5章 開発としてのカジノ経営―その成果と課題
第6章 現代ユッピックの「生き方」と金鉱開発プロジェクト
第7章 アラスカ・ツィムシアンとアラスカ先住民法―「先住民」の開発を選ばなかった先住民たち
第8章 アラスカ・ツィムシアンの観光開発と文化復興
第9章 戦後カナダの先住民族に対する経済開発政策と教育―一九四五‐一九六九
第10章 カナダの先住民族クワクワカワクゥとサケの養殖業―“経済vs環境”をめぐる三つの次元

著者紹介

岸上伸啓[キシガミノブヒロ]
国立民族学博物館・総合研究大学院大学教授。専攻は文化人類学(北方文化研究、海洋資源論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)