池田勇人政権の対外政策と日韓交渉―内政外交における「政治経済一体路線」

個数:

池田勇人政権の対外政策と日韓交渉―内政外交における「政治経済一体路線」

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 323p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750327259
  • NDC分類 319.102
  • Cコード C0031

内容説明

日韓交渉の妥結において池田勇人政権が果たした役割とは何だったのか。一般に「経済外交」として位置づけられる池田政権の安全保障政策を再検証し、対韓政策と相互に関連づけながら、特に請求権問題の合意について「包括的安全保障論」の観点から分析する。

目次

序章 日韓交渉の争点と池田政権の位置づけ
第1章 池田政権以前の日韓交渉―請求権問題を中心に
第2章 池田政権の対外政策における「政治経済一体路線」と日韓交渉
第3章 大平正芳の「政治経済一体路線」の展開と日韓交渉―請求権問題の合意
第4章 日韓交渉をめぐる国内外の状況
第5章 請求権問題合意後の「政治経済一体路線」
終章 「政治経済一体路線」とは何だったのか?―若干の考察と結論