いのちの灯台―生と死に向きあった9組の親子の物語

個数:

いのちの灯台―生と死に向きあった9組の親子の物語

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750326542
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

ベストセラー『種まく子供たち』の編著者が届ける、けんめいに生きぬいた9つのいのちのメッセージ。

目次

ピンクのクレヨン―高松真理子さんが話す春菜ちゃんのこと
おかあさん生きてね―坂下ひろこさんが話すあゆみちゃんのこと
あなたを痛みで覚えていたい―豊島隆さんが話す理奈ちゃんのこと
すずらんギャラリーの窓から―長尾直子さんが話す唯佳ちゃんのこと
いのちのバトンタッチ―鈴木中人さんが話す景子ちゃんのこと
ぼくは笑顔のギンガマン―森木康恵さんが話す健吾くんのこと
車いすでもできること―原美恵子さんが話す亜衣子さんのこと
まっすぐな優しさ―尾崎まり子さんが話す功君のこと
人は何のために生きるのか―私の次男、拓也のこと

著者等紹介

佐藤律子[サトウリツコ]
語り手・書き手。「いのちの語り手登録バンク」主宰。1993年ころから「よもぎ律子」名義で童話や児童文学を書きはじめる。97年9月、16歳だった次男を小児がんで失い、同じように病気で苦しむ人のために何かをしたいと、『種まく子供たち 小児ガンを体験した七人の物語』の呼びかけ人となる。2001年に刊行された同書は大きな反響をよび、36万部を超えるベストセラーに。現在は、子どもたちに「生と死」をきちんと受けとめてもらうことを願って、執筆活動や学校等での「いのちの授業」に取り組んでいる。和歌山県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。