日本人の朝鮮観―その光と影

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750324159
  • NDC分類 210.18
  • Cコード C0021

目次

1 「三韓親征」/文禄・慶長の役/朝鮮通信使/江戸幕末―間歇する侵略の夢(神功皇后伝説―海外膨張の夢託す;豊臣秀吉―“殺し、焼き、奪い、犯す” ほか)
2 明治政府と征韓論/甲申政変/東学農民運動~日清戦争/閔妃暗殺―実行される征韓論、煽る知識層(木戸孝允―権力中枢で「征韓」構想;佐田白茅―草の根征韓論の狂熱煽る ほか)
3 乙巳保護条約/「韓国併合」/大逆事件/武断統治―武断統治とそれを支える優越意識(志賀重昴―多面的な顔を持つ国粋主義者;岡倉天心―「朝鮮は元来、日本の領土」と主張 ほか)
4 三・一独立運動/「文化政治」/関東大震災/窓動員体制―より巧妙になる支配(原敬―「文化政治」で同化図る;内村鑑三―精神の底に潜む朝鮮観の屈折 ほか)

著者等紹介

琴秉洞[クムビョンドン]
本籍、朝鮮慶尚北道聞慶郡。1927年、福岡生まれ。元朝鮮大学校講師、元朝鮮大学校図書館副館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

江戸期を通じて明治で結実する征韓思想。その狂熱に与さず抵抗をした人物。近世以降の日本の代表的な人物60人が、朝鮮をどのようにとらえていたか。植民地支配は朝鮮のためになされたという主張がなされる今日、真の和解のために必要なものは何か考える。