子どもの権利擁護と子育ち支援

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784750316918
  • NDC分類 369.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

いじめや虐待、不登校そして障害を持つ子ども……。そうした子どもたちの苦しみの根源は何か? 子どもの問題は大人の問題と捉え、アダルティズムを超えた、対等平等な関係のなかで、尊重しあう共生社会実現の方途を提示する。

第一章 子ども観を問い直す
 1 「子ども観を問う」ということ
 2 問題としての「子どもの消滅」
 3 「子どもの消滅」の中の子ども観
 4 子どもの行方

第二章 共生時代の研究と実践
 1 研究と実践の関係は現在
 2 反差別の運動における研究と実践
 3 研究と実践の分裂はなぜ起きるのか
 4 ヒエラルヒーからヘテラルヒーへ
 5 すべての人は知識人である
 6 研究者・実践者双方のエンパワメントを
 7 研究者と実践者の新しい関係を

第三章 障害者運動におけるアドボカシーと子どもアドボカシー
 1 障害者運動におけるアドボカシー
 2 子どもの権利擁護としてのアドボカシー

第四章 子どもの権利擁護
 1 子どもの権利擁護とは何か
 2 子どもの権利擁護システムとエンパワメント、アドボカシー
 3 地域における子どもの権利擁護
 4 権利擁護を超えて

第五章 「子どもの人権オンブズパーソンとは何か」を考える

第六章 オンブズパーソンから見えてきたもの
 1 子どもの力を信じること
 2 あきらめない子どもたち
 3 自分を信じ、人を信てのネットワークを
 5 人権を通しての保育・人権についての保育

第一〇章 保育実態調査から見えてくるもの
 1 調査結果の概要
 2 子ども主体の保育を
 3 保護者のエンパワメントを支える子育て支援を

第一一章 人権保育の概念と基本的視点
 1 人権保育の概念
 2 人権保育の基本的視点

第一二章 「心の教育」ではなく「人権保育教育」を
 1 心の教育とは
 2 「親への叱咤」ではなく「親の解放」を
 3 「道徳」ではなく「人権」を

第一三章 子どもと子どもの声をつなぐ
 1 ユア・ボイスとは
 2 子どもも「問題解決者」
 3 声を聴くってどういうこと
 4 スタッフも成長しながら
 5 「聴いてくれる人がいるだけで楽になります」
 6 聴いてもらう権利
 7 「自己決定権」をどう考えるか
 8 十代のピアカウンセリング

あとがき

目次

子ども観を問い直す
共生時代の研究と実践―研究者と実践者の連帯を求めて
障害者運動におけるアドボカシーと子どもアドボカシー
子どもの権利擁護―子どもとおとなの共生を求めて
「子どもの人権オンブズパーソンとは何か」を考える
オンブズパーソンから見えてきたもの
子どもの権利と子ども家庭福祉
子どもの権利条約における能力と発達
同和保育を原点とした人権保育を
保育実態調査から見えてくるもの―これからの同和保育・人権保育を考える
人権保育の概念と基本的視点
「心の教育」でなく「人権保育教育」を
子どもと子どもの声をつなぐ

著者等紹介

堀正嗣[ホリマサツグ]
1957年滋賀県に生まれる。現在、熊本学園大学社会福祉学部教員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。