障害学の主張

個数:
  • ポイントキャンペーン

障害学の主張

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 294p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750316352
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

大反響をよんだ『障害学への招待』から三年。日本における「障害学」の広がりと深まりを体現する待望の第二弾。

目次

第1章 ディスアビリティの削減、インペアメントの変換
第2章 ないにこしたことはない、か・1
第3章 障害者を嫌がり、嫌い、恐れるということ
第4章 欲望する、「男」になる
第5章 声を生み出すこと―女性障害者運動の軌跡
第6章 所属変更あるいは汚名返上としての中途診断―人が自らラベルを求めるとき
第7章 能力と危害
第8章 インペアメントを語る契機―イギリス障害学理論の展開

著者等紹介

石川准[イシカワジュン]
静岡県立大学国際関係学部教授

倉本智明[クラモトトモアキ]
関西大学社会学部他非常勤講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

前著『障害学への招待』での問題提起を受けて、さらなる論の深化をはかる。ジェンダーやセクシュアリティ、自閉や知的障害などの問題を盛り込み、規範的な議論から歴史社会学的なアプローチまで視角の幅を広げた障害学の新たな地平を切りひらく一冊。

まえがき[石川准]

第1章 ディスアビリティの削減、インペアメントの変換[石川准]
 1 財と権利と尊厳の分配システム
 2 「ディスアビリティ」の脱構築
 3 ディスアビリティの削減、インペアメントの変換
 4 平等と差異のディレンマ

第2章 ないにこしたことはない、か・1[立岩真也]
 1 どんな主題なのか
 2 死なず痛くなければよい、とはいえ、できるにこしたことはない、か?
 3 できることは必要だが、私が、である必要はない
 4 支払いをみると、他人にやってもらった方が楽なことがある
 5 得たいものは、因習にこだわらなければ、様々に得られる、こともある
 6 そこに肯定されてよい世界が現れ、そしてそれは障害であることと両立する
 7 選択の幅が広い方がよいから、とも簡単に言い切れない
 8 他方、周囲の人にとってはないにこしたことはない
 9 補足1・「社会モデル」の意味
10 補足2・差異と平等/社会モデルと文化派

第3章 障害者を嫌がり、嫌い、恐れるということ[好井裕明]
 1 嫌がられ、嫌われ、恐れられる――被差別体験から
 2 障害者差別―――人が自らラベルを求めるとき[ニキ リンコ]
 1 目的
 2 中途で診断を受けるとは?
 3 診断遅延本来の問題と付随する問題
 4 方法・対象・範囲
 5 用語について
 6 自閉者自身から見た「自閉」とは
 7 自閉者同士の共感
 8 筆者の場合――診断まで
 9 筆者の場合――診断
10 障害というラベリングによって安心すること
11 未診断で成長するということ
12 説明を求める思いを持つこと自体を否定されるとき
13 制裁だけを先取りしてきた歴史

第7章 能力と危害[寺本晃久]
 1 生来性犯罪者説の導入と否定
 2 刑罰と障害認識の変化
 3 問題の拡張~優生へ
 4 危害の政治学へ

第8章 インペアメントを語る契機――イギリス障害学理論の展開[杉野昭博]
 1 『母よ! 殺すな』二〇〇〇。
 2 「障害者殺し」から社会モデル批判へ
 3 「旧・社会モデル」から「新・社会モデル」へ
 4 イギリスから日本へ――転倒した「歴史」

あとがき[倉本智明]
索引