盲人の歴史

個数:

盲人の歴史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 296p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784750308449
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0021

出版社内容情報

社会的偏見や差別の中にあって,「障害」と直面しながら,自立した生活・職業をかちとってきた「盲人」の人びと。彼らの歩んで来た歴史をたどりながら,視覚障害者の現状と今後を展望する労作。

推薦のことば[日本点字図書館理事長 本間一夫]
第1部 中世・近世編
第2部 明治・大正・昭和編
第3部 昭和の激動編

目次

第1部 中世・近世編(生活自立への闘い―『今昔物語』に現れた七人の盲人を中心に;平家語り専業者への闘い―『平家物語』と盲人;文化伝播者としての闘い―『看聞御記』に現れた三二人の盲人を中心に ほか)
第2部 明治・大正・昭和編(キリスト教伝道者たちの闘い;伝統芸能継承者たちの闘い;政治家・社会事業家の闘い ほか)
第3部 昭和の激動編(盲人福祉の黎明期;戦争と福祉事業の苦闘;盲教育の進展と失明傷痍軍人の教育 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とまる

1
身体的、もしくは身分的ハンデは時に特権のように語られてきた。しかし現代ではそこに触れることはタブーであるかのように扱われ、ハンデを持たない人と同じように生きられることが目指されているように感じる。 どちらの時代が差別的かと簡単に言うことはできない気がする。 限られた職業を専売特許のように当然の生業にするのか、誰もがなる可能性のある職業につく方法を開拓していくのか。 権力の歴史を教科書で追っただけでは知ることのできない、新しい日本史。偏った視点からいつも見ているものを見ると、普段見ているものが違う風に見え2012/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1883213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。