スウェーデンの租税政策―高福祉国家を支える仕組み

個数:

スウェーデンの租税政策―高福祉国家を支える仕組み

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月15日 01時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657210043
  • NDC分類 345.238
  • Cコード C3033

出版社内容情報

 スウェーデンの高福祉は巨額の税収によって支えられている。巨額税収をあげるためには、課税の公平性を確保しつつ、民間活力を極力阻害しない租税政策が求められる。
 1991年の二元的所得税の導入以降のスウェーデンの租税政策を検証し、同国がいかにして社会保障費などの財源を調達しているかを解明する。それは超高齢社会の日本にとっても、大いに参考となるであろう。

内容説明

北欧の福祉大国は社会保障費などの財源となる巨額税収をどのように調達しているのか。世紀の税制改革と言われた1991年の二元的所得税導入以降の租税政策を検証する。

目次

第1章 二元的所得税の誕生
第2章 普遍的負担と再分配―勤労所得税の役割
第3章 資産所得税制の再生―改革のメリット
第4章 勤労所得税税額控除政策―勤労所得税の変化
第5章 長寿リスクへの対応―年金税制の長所と課題
第6章 資産保有税は不要か―純資産税の廃止・固定資産税の変容
第7章 ノルウェー方式の限界―法人税と資産所得税の負担調整
第8章 スウェーデンの模索―新しい法人税の提案
第9章 軽減税率は何のために?―消費税の実際
第10章 税務情報の捕捉システム―徴税・納税の実際

著者等紹介

馬場義久[ババヨシヒサ]
早稲田大学名誉教授、(一社)総合政策フォーラム特別研究員。1949年生まれ。一橋大学経済学部卒業、同大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。関東学院大学専任講師・助教授、長崎大学助教授・教授、早稲田大学政治経済学術院教授などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。