東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ<br> 都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応

個数:

東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ
都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 06時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 166p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784657190161
  • NDC分類 518.87
  • Cコード C0051

内容説明

臨海地域は日本の生命線である。石油コンビナート、高圧ガス設備、空港など重要施設が集中する都市臨海地域を地震・津波などの自然災害から守る具体策を提言。

目次

1章 増大する自然災害と気候変動(風水害の増大;近年の地震・津波災害(2001~2018) ほか)
2章 臨海部産業施設の脆弱性と強靱化(既往地震・津波・高潮による臨海部産業施設の被害;危険物施設などの耐震設計と課題―耐震基準の変遷 ほか)
3章 国・自治体の施策と課題―臨海部産業施設の強靱化(国土強靱化基本法;津波防災地域づくり ほか)
4章 空港の自然災害リスクと強靱化(既往地震・津波・高潮による空港被害;空港の地震リスク評価 ほか)
5章 臨海部産業施設の新しい耐震性評価手法―計算力学による強靱化の実践(計算力学とは;産業施設強靱化への計算力学の活用(2011年東北地方太平洋地震後))

著者等紹介

濱田政則[ハマダマサノリ]
早稲田大学名誉教授、(一財)産業施設防災技術調査会代表理事、特定非営利活動法人国境なき技師団会長、アジア防災センター・センター長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。