東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ<br> 臨海産業施設のリスク―地震・津波・液状化・油の海上流出

個数:

東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ
臨海産業施設のリスク―地震・津波・液状化・油の海上流出

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月20日 22時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 134p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657170026
  • NDC分類 509.8
  • Cコード C0051

内容説明

3大湾の被災による経済損失を予測する!国民生活を脅かし、世界経済にも深刻な影響を与える大都市臨海部の被害要因を探り、強靱化対策を提言する!

目次

1章 臨海部産業施設の地震・津波被害と油の海上流出(地震動による被害;埋立地盤の液状化による被害 ほか)
2章 東京湾・伊勢湾・大阪湾での被害予測(埋立の歴史;液状化の予測 ほか)
3章 臨海コンビナート被災による経済損失の予測(経済損失の予測方法と検討対象;護岸の復旧費用 ほか)
4章 産業施設の強靱化技術(安全性向上のための法律と技術基準;臨海コンビナート強靱化の流れ ほか)
5章 臨海部産業施設の強靱化の動向(国土強靱化基本法;経済産業省および国土交通省の施策 ほか)

著者紹介

濱田政則[ハマダマサノリ]
早稲田大学名誉教授、(一財)産業施設防災技術調査会代表理事、特定非営利活動法人国境なき技師団理事長、アジア防災センター・センター長。日本学術会議会員、土木学会会長、日本地震工学会会長、地域安全学会会長を歴任。2014年内閣総理大臣賞(防災功労者)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)