東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ<br> 臨海産業施設のリスク―地震・津波・液状化・油の海上流出

個数:

東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ
臨海産業施設のリスク―地震・津波・液状化・油の海上流出

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 134p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657170026
  • NDC分類 509.8
  • Cコード C0051

内容説明

3大湾の被災による経済損失を予測する!国民生活を脅かし、世界経済にも深刻な影響を与える大都市臨海部の被害要因を探り、強靱化対策を提言する!

目次

1章 臨海部産業施設の地震・津波被害と油の海上流出(地震動による被害;埋立地盤の液状化による被害 ほか)
2章 東京湾・伊勢湾・大阪湾での被害予測(埋立の歴史;液状化の予測 ほか)
3章 臨海コンビナート被災による経済損失の予測(経済損失の予測方法と検討対象;護岸の復旧費用 ほか)
4章 産業施設の強靱化技術(安全性向上のための法律と技術基準;臨海コンビナート強靱化の流れ ほか)
5章 臨海部産業施設の強靱化の動向(国土強靱化基本法;経済産業省および国土交通省の施策 ほか)

著者等紹介

濱田政則[ハマダマサノリ]
早稲田大学名誉教授、(一財)産業施設防災技術調査会代表理事、特定非営利活動法人国境なき技師団理事長、アジア防災センター・センター長。日本学術会議会員、土木学会会長、日本地震工学会会長、地域安全学会会長を歴任。2014年内閣総理大臣賞(防災功労者)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tsreader2019

0
国の事業が省庁縦割りで行われている事実を知ることができて有意義だった。防災経済学の確立に期待する。恐らく同様の強靭化は他の産業分野でも必要とされていると思われる。2019/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11917287
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。