〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ<br> フクシマ原発の失敗―事故対応過程の検証とこれからの安全規制

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ
フクシマ原発の失敗―事故対応過程の検証とこれからの安全規制

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 95p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657123121
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C1336

内容説明

政府・電力会社・経済界・学界・マスコミの対応の問題点はなにか、原子力の安全規制制度改革の問題点はなにか、社会科学の目を通じた徹底検証により安全な未来への方向を提示。

目次

第1章 日本社会と東日本大震災と福島原発事故(2011年3月11日を記録に残そう;2011年3月11日を抱きしめて ほか)
第2章 福島原発事故と安全規制機関の能力(福島原発事故の検証;東電「全員撤退」発言問題と今後の原子力安全規制 ほか)
第3章 日本の原子力安全規制の展開と今後のあり方(制度論アプローチからみた原子力安全規制制度の改革;原子力開発の出発点 ほか)
第4章 福島原発事故と日本社会のこれから(東日本大震災と福島原発事故から1年余;福島原発事故の教訓からこそ見えてくる今後の日本社会のあり方)
師岡愼一教授との対談―社会科学者と原子力工学者の視点で考える福島原発事故と今後の大学のあり方

著者等紹介

松岡俊二[マツオカシュンジ]
1957年、兵庫県生まれ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。早稲田大学グローバル・サステイナビリティ研究所・所長。早稲田大学キャンパス・アジアEAUIプログラム・ゼネラルマネージャー。1988年、京都大学大学院経済学研究科学修認定退学。1998年、広島大学博士(学術)。広島大学大学院国際協力研究科教授を経て、2007年より現職。専門分野は環境経済・政策学、国際開発援助論、政策評価論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

305
2011年3月12日(いうまでもなく大震災の翌日だ)、テレビの映像を見ていた私たちは大きな衝撃を受けた。あろうことか、フクシマ原発1号機の原子炉建屋が水素爆発で吹き飛んだのだから。その後、2号機以下4号機までも制御不能に陥ったのである。その後、私たちはさらなる衝撃(笑劇)に向き合うことになる。すなわち、原子力安全・保安院も原子力安全委員会も、共に全く頼りにならない存在であることに気づかされたからである。さらにその後にSPEEDIが全く活用されなかったことも知る。本書の検証と警鐘をすべての人に。2018/02/25

syota

27
あれからもう7年だ。3月11日夜の段階で原子力安全・保安院は、原子炉の炉心溶融を予測し首相に報告していたそうだ。私は「これは水素爆発で直ちにどうこう」という政府の発表を鵜呑みにし、大量の放射性物質が撒き散らされたときも戸外で作業していた。SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測シムテム)が実はそれなりに機能していたのに、国はそのデータを放置し(逆に米軍はこれに着目し、外務省経由でデータを入手していた)、多くの住民がいたずらに被爆させられたと知ったときの、声も出ないほどの悔しさと怒りが再び蘇った。(続く)2018/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5239890
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。