〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ<br> 大規模災害に強い自治体間連携―現場からの報告と提言

電子版価格
¥660
  • 電書あり

〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ
大規模災害に強い自治体間連携―現場からの報告と提言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 90p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657123046
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C1331

目次

第1章 広域災害時における遠隔自治体からの人的支援等のあり方
第2章 よりよい避難所運営に向けて―避難所の需給マッチングシステムの構築等
第3章 自治体派遣職員の類型と時期によるニーズの変化
第4章 東日本大震災に対する神戸市の取組及び派遣事例
第5章 災害時の医療体制と支援活動の実際―八尾市立病院のJMAT活動から
第6章 東日本大震災における福井県の取組事例
第7章 京都府における人的支援等の記録
第8章 岐阜県からの東日本大震災被災県への人的支援

著者等紹介

稲継裕昭[イナツグヒロアキ]
早稲田大学政治経済学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。