体験学習で学校を変える―きのくに子どもの村の学校づくりの歩み

個数:

体験学習で学校を変える―きのくに子どもの村の学校づくりの歩み

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784654023455
  • NDC分類 371.5
  • Cコード C0037

内容説明

どのようにして、日本一自由な学校、きのくに子どもの村学園はでき、子どもや保護者に支持され、日本中で展開するに到ったのか。創設期の多くの困難、独自の体験学習(プロジェクト)、食事、会計、教育への考え方などを、興味深いエピソード、豊富な写真を交えて紹介。

目次

山の家の誕生―学校づくりの拠点
休校施設払い下げ交渉
学校用地の取得と造成
一,〇〇〇人以上から寄付金
大わらわの申請手続き
校舎の基準はきびしい
注文の多い保護者
プロジェクト誕生―自発的、総合的な体験学習の始まり
新しい学校の教師
自由学校の広がり―かつやま子どもの村〔ほか〕

著者等紹介

堀真一郎[ホリシンイチロウ]
1943年福井県勝山市生まれ。66年京都大学教育学部卒業。69年同大学大学院博士課程を中退して大阪市立大学助手。90年同教授(教育学)。大阪市立大学学術博士。ニイル研究会および「新しい学校をつくる会」の代表をつとめ、92年4月和歌山県橋本市に学校法人きのくに子どもの村学園を設立。94年大阪市立大学を退職して、同学園の学園長に専念し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。