京大人文研東方学叢書<br> 雲岡石窟の考古学―遊牧国家の巨石仏をさぐる

個数:

京大人文研東方学叢書
雲岡石窟の考古学―遊牧国家の巨石仏をさぐる

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784653043737
  • NDC分類 222.13
  • Cコード C0322

出版社内容情報

敦煌、龍門石窟とならび中国三大石窟の一つである雲岡石窟。日中両国でいまなお平行線をたどるその編年説に挑む!

岡村 秀典[オカムラ ヒデノリ]

内容説明

敦煌・龍門とならび中国三大石窟の一つである雲岡石窟。京都大学人文科学研究所の前身である東方文化研究所の水野清一・長廣敏雄は、日中両国が戦火を交える最中、世界に前例のない石窟の悉皆調査に踏み出した―人文研に蔵する膨大な資料と写真群を整理してきた著者が、日中間でいまなお平行線をたどる雲岡の編年説に挑む!200点を超える貴重な図版を収録。

目次

第1章 雲岡石窟をめぐる歴史
第2章 雲岡石窟は如何にして造られたのか
第3章 大仏窟の成立
第4章 仏殿窟の成立
第5章 中国式木造建築をかたどった石窟
第6章 雲岡石窟その後

著者等紹介

岡村秀典[オカムラヒデノリ]
1957年奈良市生まれ。京都大学文学部卒業、京都大学文学部助手、九州大学文学部助教授を経て、京都大学人文科学研究所教授、東アジア人文情報学センター長。京都大学博士(文学)。専攻は中国考古学。濱田青陵賞(第13回、2000)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。