唐代の禅僧<br> 石頭―自己完結を拒否しつづけた禅者

個数:

唐代の禅僧
石頭―自己完結を拒否しつづけた禅者

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784653039938
  • NDC分類 188.82
  • Cコード C0315

内容説明

江戸時代より『参同契』を離れて石頭希遷の面目無しと言われてきた。その偏向した呪縛を解放して、本書は『祖堂集』によって石頭禅の核心に迫った新たな試論である。では、石頭禅の核心とは何か。石頭の「己霊をも重んぜず(自己向上)」の語に端的に表現されていると確信する。敢えて一言にまとめるならば、自己完結を拒否しつづけた禅者ということになろう。

目次

第1章 石頭希遷の生涯(石頭の生まれた頃;六祖慧能と石頭のふるさと ほか)
第2章 石頭の禅風(圭峰宗密の石頭禅観;露柱に聞いてみよ―不会仏法 ほか)
第3章 石頭系の禅の確立(薬山惟儼;江西は雑貨鋪・石頭は真金鋪 ほか)
第4章 『参同契』と『草庵歌』(『参同契』;『草庵歌』)

著者等紹介

石井修道[イシイシュウドウ]
1943年、福岡県に生まれる。1966年、駒澤大学仏教学部禅学科卒業。駒澤大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1971年、駒澤大学仏教学部助手として就職、講師、助教授を経て、1984年に教授に昇任し、現在に至る。1988年、文学博士(駒澤大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。