日本古代の神と霊

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本古代の神と霊

  • 大江 篤【著】
  • 価格 ¥4,968(本体¥4,600)
  • 臨川書店(2007/03発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 230pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年03月25日 08時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 293,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784653039679
  • NDC分類 162.1
  • Cコード C3021

内容説明

天変地異、政変が巻き起こす争乱、人智を超えた現象、天皇の不予―。古代に生きた人々は、常に様々な脅威に曝されていた。古代国家は、人心を掌握し王権を維持するため、人々を取り巻く脅威を取り除かねばならなかった―「神」「霊」、それは「脅威」を惹き起こす存在である。種々の脅威は、荒ぶる「神」や「霊」を鎮めることで払拭される。鎮めの力を有することは、王権にとって、国家運営の生命線でもあった。「神」「霊」に関わる「祟」「怨霊」、そして「供養」をキーワードに、古代の史料を読み解きながら、人々が認知し、そして畏怖した「神」「霊」と、その背後に隠された、歴史の真相を探る試み。「神」と「霊」が照射する、古代の人々の心のうちにせまる論作集。

目次

第1編 神(律令国家と「祟」;「祟」の展開;律令国家と「巫」)
第2編 霊(怨霊を語る者;供養と信心)

著者等紹介

大江篤[オオエアツシ]
1961年、兵庫県神戸市生まれ。1988年、関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程日本史学専攻単位取得満期退学。博士(歴史学)。園田学園女子大学未来デザイン学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。